2年前の出来事

テーマ:

前の会社の工場(コラート)では、ソンクラン(タイの正月:4月中旬)前にスポーツ大会があります。


仕事漬けの毎日ですが、この時期になると4チーム(従業員5千人)に分かれていろんな競技の予選が夕方の休憩時間に行われます。


非常に穏やかな気持ちになり平和だなー、とつくづく感じてました。


その予選も終わりに近づく頃、ソンクラン休みの前日に全ての競技の決勝が行われます。


その決勝を始める前にエキシビジョン・マッチで「日本人駐在員VS女子サッカー混成チーム」のサッカーの試合が行われます。


それは2年前の出来事です。


1週間前から駐在員のサッカー練習が始まりました。


初日から普段の運動不足がたたってか足の指を骨折する負傷者が出ました。


ボクはサッカー経験者でしたから、信じられない気持ちで驚いてました。


突然不幸が練習3日目に起こりました。


誰かが高く蹴り上げたボールを何気なくヘディングしたら、そのショックがもろに首に来てしまいました。


その日の夜は我慢していましたが、次の日起きたら首が左右5度くらいにしか回りません。


病院に行ってお医者さんに見てもらい、マッサージをしてもらいました。


その日安静したら次の日には、首が左右20度くらい回るようになってました。


夕方には練習が待ってます。振動が怖く走ることは出来ないのでキーパーをやりました。とりあえず、そんな状態が続きいよいよスポーツ・デイ当日。


スタメン起用はされなく、出たくて出たくてしょうがなくなってきました。


後半からいよいよ出場。


夢中になってボールを追いかけます。


勝負は健闘むなしく、確か1-3でボロ負け。


走ってる時は全く首の事が気になりませんでしたが、試合終了後ジンジンしてきました。ドンドン痛さが増し、今までに味わったことが無いような痛さです。


本当は、試合終了後バンコクに4泊しに行く予定でしたが、とりあえず病院へ。


看護婦さん曰く「運動しちゃダメでしょ!」


ボク曰く「運動しちゃダメってこの前言わなかったじゃない!」


と、そんな事を言っても後の祭り。結局ソンクラン休みは、病院通いで終わってしまいました。


毎日、バイク・タクシーで病院に通ってマッサージしてもらいました。(揺れるとスゴク痛いです。)


終わり

AD

バックをスポーツに

テーマ:

バックをスポーツにしましたが、ここのところ全くスポーツをしてないです。


前の会社にいた頃は、毎日昼休みは野球


水曜日はバレーボール


土日の休日は、サッカーをメインに時間が空いてれば野球テニス


オフシーズンには、スキーと狂ったように身体を動かしてました。


それが、タイに駐在になってから酒ばっかり。


日本にいたときも、酒を美味しく飲むために身体を動かしてた様な気もしますが…。


タイだと何もしなくても汗ダクダクなので、いつもビールが美味い。


ゴルフは、ビールを屋外で飲めて気持ち良いから行ってました。


今は、工場内を歩き回って運動の代わりにしてます。

土曜日の夕方6時にアユタヤの工場を出て、幹線道路まで同僚に車で送ってもらいバスに乗ってコラートへ向かいました。


今までバンコクからコラート行きのバスに乗ってましたが、途中から乗るのは初めて。


バス会社の係りの人に「コラート行きはいつ頃来ますか?」って聞いたら、


「あと10分くらいだよ。」と言われて、じゃあビールでも買って飲もうと支払いをしてる時に


「コラート行き来たよ。」と言われ慌てて乗り込みました。


このバスが途中いろいろなバス停に寄るもんだから遅い遅い。


幹線道路から外れると不安に駆られ「本当にコラート行きなのかな?」と心配しましたが無事10時に到着。4時間も掛かりました


でも見慣れた風景が見えてくるとやっぱり懐かしさからか心が落ち着きますね。


くまくん のお店「ビーナス」に先に入ってるよと友人O氏に電話しました。


久々にくまくんと奥さんに迎えられ嬉しかったです。


晩メシをまだ食べてなかったので、何か食べれます?って聞いたら「焼そば」か「豚キムチ」なら大丈夫、「ご飯」もあるよとの事。


N「じゃあ、焼そば・豚キムチ・ご飯」


K「全部かい!」


N「でも、豚キムチとご飯は少なめに」


くまくんと奥さんが目を合わせ「面倒な客来たなー」みたいな感じの雰囲気。


リクエストに応えてくれて(豚抜きでしたが)すっかり満腹。


これで酒が飲める体制に入れる。(美味しかったですよ!)


TVスナックというだけあって、TVは日本の番組を放映してます。


格闘技好きなO氏とボクの好みを察して「K-1」と「PRIDE」を見せてくれました。


O氏は最近規則正しい生活をしてるからかオネムになり先に帰ろうとお勘定。


奥さんが勘違いして2人分のお勘定をしてO氏が支払った様子。


N「じゃあ、ボクも帰ろう!ご馳走様!」


言ったもん勝ちです。


またおごってもらっちゃった。


得な性格をしているnareeです。


お土産に日本のテレビ番組のCDを10数枚頂きました。これもご馳走様です。(タイでは、民放の番組が見れないので貴重です。)


その晩は、5年間住んでたタイシン・アパートへ1泊(300バーツ)。


日曜日は朝11時からバスに乗ってバンコクへ。


買い物をした後、Pさん と友人K氏とスクンビット31のピザ屋(ピザ・ナポリ)で夕食。


2人を待ってる間、近くの公園の芝生の上で読書してました。ゆったりした時間が過ごせて幸せ。


それからバスでアユタヤに帰って来ました。


結構疲れたです。おやすみなさい。


英語

テーマ:

仕事で同僚と打ち合わせする時は、図を描いたり単語を書いたりで英語を使うときが多いです。


書くのはいいですが喋るのは非常に苦手です。


でも、この1ヶ月会社の寮にシンガポールからの出張者が2人来て英語を喋るしかない状況になりました。


英語で会話するというよりは、単語を並べるだけでも相手が理解しようという状態であれば結構通じるもんですね。


例えば、「子供は何人いますか?」と聞きたいとき、先ず頭に出てくるのは「ミー・ルーク・キー・コン・カップ」とタイ語が浮かびます。


あれ? 子供って英語で何ていうんだっけ? あら? あれ? と思ってるうちに沈黙が続くのを恐れ、ジェスチャーで男と女がどうのこうのと説明して分かってもらいます。


こんな感じでも、1時間も話していれば彼の事が分かります。


前は船乗りをしていて家に居る時間が少ないので、8年前に転職して今の会社にいるんだ。

子供は4人いて娘・娘・息子・娘の構成で、明日シンガポールに帰るんだ…と。


結構英語の喋れるnareeでした。