主にラーメン二郎の記録

主にラーメン二郎、二郎亜流店、二郎インスパイア店で食べたラーメンの事を書いていくつもりです。


テーマ:
ラーメン二郎栃木街道店に行きました。


平日の夜のことです。





なんか上の写真の左の窓の影が人に見えてしまって何となく怖いです。





ある程度の時間を寒い外待ちで過ごして、やがて店内に入りました。





親切な注意書き。女性や子供に対しては元々「麺少なめ」で提供する旨が書かれています。


しっかり食べる女性・子供向けに「NORMAL」の食券も新たに用意されたみたいで。





僕の目当てはラーメンと小ライス。


この記事の出来事は2016年の12月の話で、2017年の今では小ライスの提供期間は終了してしまったとのことです。





店内カウンターの背後にある丸イスで待つこと20分ぐらいかな。カウンターに案内されました。


食券と共に現金\100を添えてカウンター上部に置いて、若い男性助手さんに現金は小ライスである旨を告げます。





しばらく経って麺が茹で上がる直前のタイミングで助手さんより小ライスがサーブされました。


二郎のラーメンとライスはだいぶ量が多くなりますが、栃木に来たからにはライスは外せないぞ。という謎の使命感的なモノが心の中にあったり。


そして店主さんからトッピングを聞かれ、野菜とニンニクをリクエストして僕のラーメンが配膳されました。





小ラーメン\700+野菜+ニンニク+小ライス\100です。


ちょっと食べづらいので小ライスを後ろにずらしてラーメンと対峙します。





野菜をリクエストしたので十分立派な姿になって、程よい茹で加減の野菜の山の頂上には自動でカエシ(カラメ)がレードルでかけられていました。





ニンニクはひょっとしたら「少し」とオーダーしたかも知れません。


栃木街道店のニンニクの標準量をあまり記憶していない為に、この量が少なめなのか標準なのかちょっと曖昧です。





スープは写真の通りだいぶスッキリした醤油をストレートに感じる出来でした。


いつもは軽く乳化していて脂やダシのバランスが良いなぁ。なんて思っていたのですが、今回のスープはダシや脂はあまり感じず、醤油が割りと前面に出ているという……まぁ、どちらかと言えば僕の個人的なストライクゾーンからは外れてしまう味わいで。


まぁ、こんな日もあるか。という感じです。





豚は柔らかいモノやある程度の噛みごたえがあるモノ等々いろいろ入り混じっていました。


二郎の豚をおかずにしてご飯をガツガツ食べるのってとても良いです。とても嬉しい。


豚をご飯に乗せた後でラーメンの丼の方を天地返し。





少し茶色がかったストレート形状の麺が出てきました。





もっとスープがハイクオリティだったら良かったのですが、こればっかりはしょうがない(しょうがないと思う事自体が間違いかも知れませんが)ので、とにかくズバズバ麺を食べて、ご飯もバクバク食べて、かなり満腹になったところでご馳走さまでした。と。


空になった(スープは残っています)丼とご飯茶碗をカウンター上部に上げて、店主さんと助手さんにご馳走さまでした。と伝えて退店しました。





自宅からももちろん職場からもスゴく遠い栃木街道店ですが、たまたま色んな偶然が重なって2016年は6回訪問することが出来ました。


2017年も環境が変わらなければ、ある程度の間隔で訪問出来ると考えていますので、結構嬉しいな。と思っている今日この頃なんです。はい。


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

なーしーさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。