『追悼・渡瀬恒彦 銀幕に刻まれた不死身の役者魂』として、『狂った野獣』『暴走パニック大激突』を鑑賞してきました。

 

『暴走パニック大激突』は痛快アクション活劇で久しぶりに映画館で大笑いさせていただきました。1970年代の日本映画のハチャメチャぶりは素晴らしいですね。深作欣二監督の社会批判も織り交ぜて爆走してゆく展開に鑑賞後拍手してしまいましたよ。そして、渡瀬恒彦さんのカーアクションは凄いですね。スタントなしであのハンドルさばきができる役者は渡瀬さん以外いないのではないでしょうか。又、私の大好きな拓ぼんが警官で室田さんがチンピラで。二人の楽しそうに演技している姿を拝めて本当に心躍りました。『狂った野獣』は『暴走パニック大激突』に比べるとカーアクションはおとなしめの印象。渡瀬さんは自転車で爆走したり、大型バスを暴走させたり大活躍でした。拓ぼんも気の弱いバスジャック犯を好演していて良かった。2本上映後、中島貞夫監督と片桐竜次さん、飛び入りゲストで橘麻紀さんのトークイベントがありました。渡瀬さんのことやピラニア軍団の裏話など楽しい時間でした。

 

AD