お知らせ

テーマ:
 宝蔵院流槍術の演武会、間もなく開催されます。

演武が終わってからは、僧侶と一緒にお散歩?

いえいえ、けど散歩みたいなもんやけど・・・

興福寺東金堂から三重の塔を北に曲がったところにお参りします。
この石です。
 
摩利支天石と呼ばれ、宝蔵院流の守り本尊と称されます。
ここにお参りされるんです。

後、近くでは奈良国立博物館 の西北の端。
正確には、なら仏像館の端になるんでしょうが、石碑が建っています。

どうやら、なら仏像館は宝蔵院跡に建設されたみたいです。

間もなく奈良県庁横の駐車場も発掘調査されるみたいです。
もちろん興福寺関係の建物跡だと思います。

こうやって考えると、昔はものすごく広かったんだろうなぁ。
藤原さんのお力の大きさを感じると共に、廃仏毀釈の恐ろしさをちょっぴり味わえました。


AD