奈良県古民家再生協会ブログ

奈良で古民家をお持ちの方、鑑定によるネットへの掲載や耐震・移築・解体に伴う古材の再利用をお考えの方はご相談ください。<奈良県古民家再生協会


テーマ:

和室の聚楽壁の塗り替えをしています。

家全体をリフォームする工事でしたが、和室はほぼ壁の塗り替えだけです。

和式の家は、和室に手間をかけて造ってあるので、リフォームでもこの部屋はあまり触りません。

和室の壁をよく聚楽壁と言いますが、正式には京都西陣の聚楽第跡地から取れる土を使った壁が聚楽壁です。

 

 

掻き落としが終わったところです。

 

昔の家は左官屋さんの仕事がたくさんありました。

土壁で造る家が多かったので、その部分も左官屋さんの仕事です。

躯体から仕上げまで左官屋さんと大工さんがいれば家ができるような時代がありました。

土壁の家が工期も1年くらいかかります。

大工さんも2件から3件の家を掛け持ちしながら仕事を進めていきますから、左官屋さんもそれくらいの物件があれば十分生活していけたそうです。

今でこそ、自然素材の家が増えて左官屋さんの仕事も増えましたが、

一時期、壁も天井もクロス仕上げがあたりまえの時代もあり、左官屋さんは基礎の刷毛引きやテラスのモルタルかな鏝押さえくらいしかない

ような家もありました。

仕事を増やすために外構工事をする左官屋さんもいたと思います。

どんな時代もありますが、せっかくの技術です。

続けていればいい時代も来ます。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

中西 直己さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。