奈良県古民家再生協会ブログ

奈良で古民家をお持ちの方、鑑定によるネットへの掲載や耐震・移築・解体に伴う古材の再利用をお考えの方はご相談ください。<奈良県古民家再生協会


テーマ:

土台伏せです。

家を建てるにあたって基礎工事の後の最初の木工事です。

 

家ができていく順序は一般の人は意外と知らないものです。

当社の場合、基礎工事の間に構造材はプレカット(工場で加工)

しないで大工さんが自分で墨付けして刻みます。

基礎工事が終わってコンクリートがしっかり固まるまで養生した

後、現場での組み立て作業に入ります。

その最初の仕事が土台伏せです。

その字の通り家の土台になるものですから、これは家の精度に

大きく影響します。

家の水平レベルや壁の通り、直角などはこの土台に左右されます。

基礎のレベルは基礎工事の精度に左右されます。

この基礎のレベルは、昔は左官屋さんが仕上げていましたが、

今ではレベラーという水平に広がっていく粘土の低いモルタルのよう

なものを流し込むことで仕上げられます。

簡単なようで経験の必要な仕事です。

この基礎の上に土台を設置しますが、ただ単純に並べているわけ

ではありません。

基礎自体は土台より大きく造られているので土台を置く通りや直角

を出すために基礎の上に墨を打ちます。

部屋の大きさや通りを決めるためです。

写真の中で大工さんがドリルを使って土台に穴をあけていますが、

これはアンカーボルトと言って基礎に土台や柱を固定するための

ボルトを通すためです。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

中西 直己さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。