奈良県古民家再生協会ブログ

奈良で古民家をお持ちの方、鑑定によるネットへの掲載や耐震・移築・解体に伴う古材の再利用をお考えの方はご相談ください。<奈良県古民家再生協会


テーマ:

構造材というのは、材質が何であれ長い年月同じ方向から

荷重がかかり続けると変形します。

木造の場合、よくあるのが梁材と言って2階の床を支えている

構造材が上からの荷重で下に垂れ下がることがあります。

 

梁材を取り換えることができればそれに越したことはありませんが、

かなり大掛かりの工事となります。

仕口部分に柱が建っていることが多く、いったん取り外すと本来の

組み方はできません。

1階に下がった梁の中央部に柱でも建てられれば補強することも

できますが、間取り上不可能なので既存の梁材の側面に板材を貼り

つけて床のレベルを確保しました。

 

今回の傾きは、一つの部屋の中での傾きなので気が付きにくいも

のですが、構造上将来支障をきたしそうなので対処させてもらいま

した。

しかし、家全体がある方向に傾くこともあります。

この床のレベル、水平は永く住んでいるとわずかな傾きがあって

も気が付かないことが多いです。

私などは仕事上、いろんな家にお邪魔することが多いので家の中を

歩いてまわるだけである程度分かります。

原因はいろいろです。

よくあるのが、地盤の沈下です。

家全体が傾きます。

爪付ジャッキというものを使って土台を持ち上げて水平に戻すことも

ありますが、基本的には基礎ごと戻すのが正解です。

ただ、工事費はかなり嵩みます。

次に、もともとの基礎の不陸です。

基礎の天端のレベルが確保されていないと起こります。

当然ながら、これは1階だけでなく2階にも影響します。

その次に起こるのは構造材の変形(座屈)です。

慣れてしまうと感じない人もいるようですが、私はわずかな傾きでも

少し気分が悪くなります。

やっぱり傾きは治せる範囲で何とかしておいた方がいいと思います。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

中西 直己さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。