こころ、つなぐ、ならは

―福島県楢葉町公式ブログ―
   
      

東日本大震災による津波と福島第一原発事故によって全町避難を余儀なくされた福島県双葉郡楢葉町。
平成27年(2015年)9月5日午前0時、震災発生から約4年6カ月ぶりに避難指示が解除され、復興へのスタートラインに立ちました!
帰町に対する取り組みを進め、離れ離れになった町民に、身近な話題、町の情報を楢葉町役場の政策広報室からお知らせしているブログです。

テーマ:

楢葉町を応援する 京都 立命館大学のボランティア団体「そよ風届け隊(ならは応援団)」が呼びかけて、町民と一緒になって制作を進めていた「楢葉町かわら版」が完成しました (^ε^)♪

 

「楢葉町かわら版」は、「人を結び、地域を結び、想いを結ぶ。」をスローガンに、様々な視点から町のひと、もの、こころを伝えていきます (o´・∀・`o)ニコッ♪

 

もうお手元に届いているかと思いますが、楢葉町かわら版制作委員会(仮)の活動(作成)の様子をお伝えして、少しでも「かわら版」を身近に感じていただければと思います 音譜

 

8月6日、楢葉まなび館で、結団式?と編集企画会議が行われました p(^-^)q

メンバー募集が短期間であったことから、これからも町民の参加を呼びかけて行くことと、かわら版の位置づけとして「広報やホームページとはすみわけて、小さい情報や町民の想いをかわら版にする」ことも確認されました。

記事内容をどうしていくのかを話し合い、担当の割ふりをして第1回目の会議は終了です v(^-^)v

 

8月20日、いわき市に場所を変えて編集会議を開催です。

メンバーがそれぞれ書き上げた原稿を持ち寄り、記事内容を豊富化していきました メモ

 

9月4日、「ホッツァーレ2016~復興祈念の集い~」が開催されている休憩テント内で、真剣に協議するメンバーの姿がありました 目

 

そして、9月10日原稿の最終確認を行い、今回ついに、創刊準備号発行です ヾ(@°▽°@)ノ

発行にあたり、「楢葉の魅力は自然もありますが、一番はひとの魅力。ひとの想いが伝わる記事を出していきたい。」「一緒に取材・編集してくれる人も募集しています!まずは気軽に連絡してください。」と森 亮太編集長。

 

連絡先は 電話

naraha.musubu@gmail.com

070-1055-1713

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

スポーツ民踊連盟楢葉支部の皆さんは、楢葉町公民館などで活動していましたが、震災後は、上荒川応急仮設住宅 第2集会所で毎月2回、踊りの練習と親睦を重ねています 音譜

「いわき市の皆さんへ感謝の気持ちを伝え、楢葉町の皆さんを元気に出来ればと、平成24年から慰問活動を続けています。」と新妻信一支部長 メモ 

 

今回の「楢葉ときわ苑」の慰問で47回目。

すごい回数ですね (☆。☆)

 

演目は、会場内が笑顔であふれる踊り、聞き惚れてしまう歌声などなど v(。・ω・。)ィェィ♪

 

施設の皆さんも参加した「蛙のなげき節」は、大変盛り上がりました ニコニコ

 

「前回よりパワーアップしていて、見ていたこちらも元気になれました。」と楢葉ときわ苑 木田副施設長 \(^_^)/

慰問したメンバーは、ご覧になった方の 喜んだり 涙を流されるのを見て「自分はいろんな方々のため、少しは役にたっている。これからもがんばろうとの気持ちになる。」と話しています (‐^▽^‐)

 

スポーツ民踊連盟楢葉支部の皆さん、これからも笑顔と元気を届けて下さい 口笛

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

楢葉町町制施行60年を記念して町民号を実施します。

今年は、秋深まる北陸・信越の旅を計画しました ヾ(@^▽^@)ノ

 

 

今回の旅のポイントをご紹介しましょう 目

<1日目>

・世界遺産集落「白川郷」では、合掌造りの景観をお楽しみ下さい。

・「那谷寺(なたでら)」は、イロハモミジ、ヤマモミジ、ハウチワカエデなどが赤々と色づき、見ごたえがあります。

・1日目の宿泊は、北陸随一の「山代温泉」  開湯1300年、いにしえから人々に愛されてきた温泉でゆったり!腰痛、神経痛などに効能あり ニコニコ 

 

<2日目>

・「兼六園」は、水戸偕楽園(かいらくえん)、岡山後楽園(こうらくえん)とならぶ日本三名園の一つ。四季折々の美しさを楽しめる庭園。

 

・「瑞龍寺(ずいりゅうじ)」は、寺院建築として高く評価されており、平成28年現在、富山県唯一の国宝です。

・2日目の宿泊は、「金太郎温泉」 食塩泉と硫黄泉が混合している国内でも珍しい泉質。金太郎の様に元気になれるかも ニコニコ

 

<3日目>

・「信州善光寺」は、創建から約1400年、日本最古といわれる阿弥陀如来を本尊として、深く広い信仰を得ています。

・戦国時代を走り抜けた真田幸村の生き様を描く、ドラマ「真田丸」は終盤を迎え、盛りあがりを見せています。「信州上田真田丸大河ドラマ館」も必見ですね。

 

見どころ満載の旅です v(。・ω・。)ィェィ♪

 

●日  程   平成28年11月1日(火)~3日(木・祝)       

●定  員   200人

●個人負担 30,000円

●申込締切 9月23日(金)消印まで有効

※ お申込みは郵送のみです。

 

参加希望の方は、送付されている募集案内(兼申込書)に必要事項を記入して、

同封の返信用封筒で郵送してください。

 

◯お問い合わせ先

コールセンター((有)ウィンズトラベル) ☎0246-38-6166

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。