本日、第1回臨時会が閉会しました。初日の18日、私は議長の辞職届を、伊藤寛副議長も辞職届を提出し、それぞれ議長選挙・副議長選挙が行われました。この選挙では、休憩中に所信表明をする議長立候補制度を初めて実施しました。

 その結果、第29代の新議長には田中真太郎議員、第33代の新副議長には荒木和幸議員が就任しました。そして、議会選出の監査委員には真船和子議員が就任しました。議会三役の皆さまのご活躍を期待致します。

 私事になりますが、2年間の任期を大過なく全うすることができましたのも、ひとえに市民、各諸団体の皆様、議員及び執行部の皆様のご指導ご支援の賜物であり、深く感謝し御礼を申し上げます。

 懸案だった新庁舎の建設工事は4月30日に竣工し、ゴールデンウィーク中に引越しがあり、5月8日より新庁舎での業務が開始されました。特に、竣工式の日には3,000人を超える方々が見学会に参加され、現在も6階の展望回廊には多くの市民の方々が訪れています。

 任期中には、1)議長選の立候補制度の導入、2)政務活動費の領収書コピーのインターネット公開(今秋から)、3)災害時の議会行動マニュアルの作成、などを実行致しました。

 しかしながら、改革はまだ道半ばであり、新たに就任された田中議長、荒木副議長のコンビでさらに開かれた議会を目指し、前進して頂けるものと考えております。

 今後は、一市議会議員として、初心に返って職務に精励してまいりますので、ご指導ご鞭撻を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

 

AD

仕事始め式の挨拶

テーマ:
 新年明けましておめでとうございます。今年は春のような清々しい晴天が続き、希望に満ちた輝かしい新年を迎えられたことと、お慶び申し上げます。この一年が皆様方にとりまして、希望に満ちた輝かしい年となりますよう、心よりご祈念申し上げます。

 仕事始めの式で挨拶致しましたので、以下にその要旨を掲載させて頂きます。

年末に参加した幾つかの「もちつき大会」で杵を
 
 本年は「申年」ですが、干支でいえば60年に一回、戦後二度目の「丙申の年」を迎えますが、「大変革」が起こる年であるといわれております。前回の1956年は、経済白書に「もはや戦後ではない」と記され、日本の国連加盟が決まり、戦後の高度成長期にテイク・オフする大きな転換点となりました。

 本年はマイ・ナンバーの運用が始まり、参議院選挙から18歳以上に投票する権利が付与されます。そして、8月にはリオデジャネイロでオリンピック、11月にはアメリカの大統領選挙が行われます。

 地方自治体においては、地方創成が叫ばれ、自己責任、自己決定の行政運営が求められています。本年は、新庁舎の建設工事が正念場を迎え、様々な再生事業が始動します。

 市議会と致しましては、新たな行政ニーズに対応できるよう、市民の皆様の英知を結集し、市執行部と互いに知恵を出し合いながら、市政施行百周年を見据えたまちづくりを実現するため、議員一同、全力で取り組んでまいります。引き続き、皆様のお力添えを賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

 申年の申という漢字は、伸びるという意味であり、成長する、発展する、躍進するという含意もあります。皆様方におかれましては、「今いる場所、立場」で成長し、大いに活躍し躍進して頂くことを期待致します。
AD
 本日の公務は、午前中に行われた「空手道競技」だけだった。昨日はマンション管理組合のもちつき大会で杵をふるって、すこし疲れが残っていたが、午後は衛星放送を観るなど比較的ゆったりと過ごした。


 習志野市空手道連盟のk関係者によると、今年は市外参加者を絞ったそうだが、形、組手それぞれ約450名という大規模な大会で、少年少女が多いのには驚いた。来賓として挨拶した富田茂之衆議院議員、小林鷹之衆議院議員も、同感だったようだ。

 議長に就任してから、土日は平均的に一日3~4会場を訪問するのが常だったが、今日は例外。特に、夏から秋にかけては通常の行事に加えて、祭りやスポーツ大会、美術展や音楽祭などが重なり、朝から晩までほとんど休みがない状態だった。

 すでに12月定例会は始まっており、これから年末年始を迎える。半年が過ぎて、やっと慣れてきたが、すこし余裕ができると気が抜けることがあるので、要注意。自戒をこめて、このブログを綴った。

 市民総合体育大会「武術太極拳競技」(8/30)
AD