仕事始め式の挨拶

テーマ:
 新年明けましておめでとうございます。今年は春のような清々しい晴天が続き、希望に満ちた輝かしい新年を迎えられたことと、お慶び申し上げます。この一年が皆様方にとりまして、希望に満ちた輝かしい年となりますよう、心よりご祈念申し上げます。

 仕事始めの式で挨拶致しましたので、以下にその要旨を掲載させて頂きます。

年末に参加した幾つかの「もちつき大会」で杵を
 
 本年は「申年」ですが、干支でいえば60年に一回、戦後二度目の「丙申の年」を迎えますが、「大変革」が起こる年であるといわれております。前回の1956年は、経済白書に「もはや戦後ではない」と記され、日本の国連加盟が決まり、戦後の高度成長期にテイク・オフする大きな転換点となりました。

 本年はマイ・ナンバーの運用が始まり、参議院選挙から18歳以上に投票する権利が付与されます。そして、8月にはリオデジャネイロでオリンピック、11月にはアメリカの大統領選挙が行われます。

 地方自治体においては、地方創成が叫ばれ、自己責任、自己決定の行政運営が求められています。本年は、新庁舎の建設工事が正念場を迎え、様々な再生事業が始動します。

 市議会と致しましては、新たな行政ニーズに対応できるよう、市民の皆様の英知を結集し、市執行部と互いに知恵を出し合いながら、市政施行百周年を見据えたまちづくりを実現するため、議員一同、全力で取り組んでまいります。引き続き、皆様のお力添えを賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

 申年の申という漢字は、伸びるという意味であり、成長する、発展する、躍進するという含意もあります。皆様方におかれましては、「今いる場所、立場」で成長し、大いに活躍し躍進して頂くことを期待致します。
AD
 本日の公務は、午前中に行われた「空手道競技」だけだった。昨日はマンション管理組合のもちつき大会で杵をふるって、すこし疲れが残っていたが、午後は衛星放送を観るなど比較的ゆったりと過ごした。


 習志野市空手道連盟のk関係者によると、今年は市外参加者を絞ったそうだが、形、組手それぞれ約450名という大規模な大会で、少年少女が多いのには驚いた。来賓として挨拶した富田茂之衆議院議員、小林鷹之衆議院議員も、同感だったようだ。

 議長に就任してから、土日は平均的に一日3~4会場を訪問するのが常だったが、今日は例外。特に、夏から秋にかけては通常の行事に加えて、祭りやスポーツ大会、美術展や音楽祭などが重なり、朝から晩までほとんど休みがない状態だった。

 すでに12月定例会は始まっており、これから年末年始を迎える。半年が過ぎて、やっと慣れてきたが、すこし余裕ができると気が抜けることがあるので、要注意。自戒をこめて、このブログを綴った。

 市民総合体育大会「武術太極拳競技」(8/30)
AD
 昨晩、アラバマ青少年合唱団歓迎レセプションで、アラバマ大学副学長のJennifer D. Greerと懇談し、「Alabama Heritage」という雑誌を頂いた。懇談というより、こちらは片言英語で、Jennifer女史のネイティブな速い英語がなかなか聴き取れなかった(笑)。

Alabama1


 植松教育長も加わって、写真撮影を。「写真もたくさん撮れましたし、取材もできて良い土産ができました」というフレーズだけが、かろうじて脳裏に残った。

Alabama2


 これに先立って、アラバマ青少年合唱団創立30周年を記念した「アラバマ青少年合唱団 習志野高等学校吹奏楽部 ジョイントコンサート」が29日17:00から習志野文化ホールで開催された。このコンサートも素晴らしかった。
AD