なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
甲州市にある慈徳院というお寺が、武田信春の館跡だと伝わります。
訪問日は2014年11月15日です。

【写1】武田信春館

お寺入口は南側にあります。

【写2】武田信春館

ここに武田信春公館跡の石碑があります。

【写4】武田信春館

このお寺には、武田信春公のお墓もあります。
「も」じゃないですねあせる

【写5】武田信春館

見た感じ遺構は何も無さそうな所ですが、ついついウロウロしてしまいます。
そうしたら、北側にこれがありました。
石碑には「千矢の堀跡」と彫られています。
その脇には「千野館東側の堀で 優良な矢竹となる 竹が茂っていた」とも彫られています。
しかし、この堀跡はがっつりコンクリートで固められてしまっています。
それ以前に、周りのフェンスが高い上に視界を遮っています。


◆歴史◆

甲斐武田家12代当主・武田信春の館があったとされます。

武田信春は南北朝時代終わり頃の人物で、連方屋敷で紹介した武田信武の孫です。
武田信武は元々は安芸国の守護で、足利尊氏に従って中国地方で活躍しました。
甲斐は武田政義が守護でしたが、南朝方に寝返って北朝方の守護代と戦っていました。
1343年に武田政義が戦死すると、足利尊氏は武田信武を甲斐守護に任命。
実際にはその嫡男・武田信成が先に甲斐に来て、足利軍の一翼を担いました。
武田信春も父とともに甲斐へ移り、南朝方討伐軍を率いて転戦しました。

1394年にその父が没すると、武田家当主となり甲斐守護を継ぎました。
南朝方勢力を駆逐した後の事があまり書かれていないので、平穏だったのでしょうか。
しかし、武田信春は1413年、乱により館を攻め落とされ、萩原山へ逃れています。
そして、同年内にその地で没しています。
武田家と甲斐守護はその子・武田信満が継いでいます。

この1413年にあった「乱」というのが超気になりますが・・・

ググったら、割とアッサリ出て来ました。
それは館跡にある慈徳院の縁起です。
慈徳院は武田信春の菩提寺ですが、これは武田信春の遺言によりそうなったのだそうです。
その縁起によると、1413年2月に逸見氏が乱を起こし千野の館(ここ)が陥落。
武田信春は萩原山に逃れたものの、同年10月に同地で没した(戦死した?)そうです。
この「逸見氏」が誰なのか明記されていません。

可能性が高いのが、逸見有直です。
1417年に起きた上杉禅秀の乱後、逸見有直が甲斐守護になろうと武田家と争ったからです。
逸見姓は武田家の祖・武田信義の双子の兄が名乗りましたが、直系は続いてはいません。
私は甲斐源氏の惣領を狙う武田一族が、本家と張り合う時に名乗る姓だと勝手に思っています。

武田家が上杉禅秀に味方していたので、敗れた武田一族は揃って高野山へ逃れていました。
そのため、甲斐守護は不在となっており、逸見有直がその座を狙ったのは自然な事でした。
逸見有直は、当時甲斐を管轄下に収めていた鎌倉公方・足利持氏のお気に入りだったようです。
足利持氏と対立していた室町幕府は、武田信春の次男・穴山満春を次の甲斐守護にしました。
武田姓に復した穴山満春は武田信元と名を改め、逸見有直と争っています。


所在地:山梨県甲州市塩山千野(慈徳院)

山梨県の城跡/なぽのホームページを表示
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

なぽさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。