なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
雨宮氏の屋敷がどこにあったのかは、実はハッキリしていません。
その候補が笛吹市の慈眼寺か長昌寺じゃないか?と考えられています。
ということで、その片方の慈眼寺だけ行って来ましたあせる
訪問日は2014年11月15日です。

【写1】雨宮氏屋敷

まずは入口にある鐘楼門です。
入口の門に鐘があるって、ちょっと珍しいような気がします。
塀もしっかりしているので、病の発作が出そうになります。

【写2】雨宮氏屋敷

ちょっと引いて見ると、門の手前に橋が架かっています。
これはもしや・・・

【写3】雨宮氏屋敷

堀跡でしょうか?
自然の流れで出来たようには見えません。
・・・という事にしておきます。

【写4】雨宮氏屋敷

鐘楼門の中にある本堂です。

【写5】雨宮氏屋敷

本命はその裏にある土塁です。
諸兄の皆さまが必ず紹介している、それっぽい遺構です。
私もこれこそ!なんて思いました。
ただ、この向こう側を見るのを忘れてしまいました。

【図】慈眼寺
拡大図

鐘楼門の前にある説明板の図です。
天明7年ということで、1787年のガッツリお寺になっている時期の絵図です。
お寺の絵図なのですが、囲まれてますよね?
手前の川と、左から上にかけての堀か崖か。
その正体が土塁の裏側にあったのですが・・・あせる


◆歴史◆

雨宮氏は1500年までに甲斐にやって来ました。

雨宮氏は北信濃の大族・村上氏の一族です。
家紋はバッチリ村上氏と同じ「丸に上の字」(〇の中に上)です。
時期や経緯はわかりませんが、雨宮家国が武田信縄に仕えたのだそうです。
その雨宮家国が1500年に没しているので、それまでに甲斐に来た事になります。
なぜなんだろう?と探りたくなりますが・・・

当時の村上氏は、高梨氏と激しく争っていました。
1495年には善光寺の取り合いで、村上軍が焼き払ってしまっています。
一番大きそうな動機はこの辺りなのかもしれませんが・・・?
甲斐に来た雨宮氏は、武田信縄→信虎→信玄と、代々の武田家当主に仕えます。

1565年、雨宮家次が追放されました。

雨宮家次は次の武田家当主となるはずだった、武田義信に仕えていました。
その武田義信が・・・です。
あまりに有名なお話なのでハショリマス。
だって、ただでさえ脱線しまくってますからあせる
そのとばっちりを食らった雨宮家次は甲斐を追放され、相模へ流れました。

1568年頃、雨宮家次が呼び戻されました。

新天地へ移った雨宮家次は、後北条氏に仕えて立て続けに戦で功を立てました。
3年間で何と感状を7枚も拝領したと言いますから、かなり使える武将だったんですね!
この噂を聞きつけた春日虎綱(高坂弾正)が武田信玄を説得し、甲斐へ呼び戻しました。
そして1575年、長篠の戦に春日源五郎隊の一員として参戦しましたが、戦死してしまいました。

1582年、武田家が滅亡しました。

織田信長により武田勝頼が滅ぼされました。
この時に織田軍の兵火により、慈眼寺と長昌寺はともに焼失したそうです。
その後、お寺はそれぞれ再建され、現在に続いています。
雨宮氏は徳川家康に仕え、旗本家として続いたそうです。
地図を眺めていると、近所に沢山「雨宮~」という会社が載っています。


所在地:山梨県笛吹市一宮町末木(慈眼寺または長昌寺)

山梨県の城跡/なぽのホームページを表示
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

なぽさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。