なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
下曽根氏の屋敷跡もお寺になっています。
訪問日は2014年11月15日です。

【写1】下曽根氏屋敷

下曽根氏の屋敷跡は、實際寺というお寺になっています。
この門、建立時のものでしょうか?
とても年季を感じさせます。

【写2】下曽根氏屋敷

本堂です。
風格がありますね!
これで屋根が瓦葺きだったら、お城の御殿そのものです。
というか、同じ建築様式のような気がしてきました!
眼球まで病んできているようですあせる

【写3】下曽根氏屋敷

お寺の墓地の奥に、何やら土の壁がチラっと見えますラブラブ

【写4】下曽根氏屋敷

ほんの一部分ですが、土塁が残っています。
お屋敷とはいえ、いい高さの土塁です。
流石は武田一門!


◆歴史◆

下曽根氏初代は、甲斐守護・武田信重の子です。

武田信重は1438年に甲斐守護となりました。
ここに至る経緯は複雑ですが・・・
禅秀の乱で父・武田信満が敗死した後、甲斐ではしばらく守護不在の時期がありました。
武田信満の弟・信元が守護になると、一門・逸見有直との戦で戦死。
武田信満の子・信長の子・伊豆千代丸が強引に守護にされると、守護代・跡部氏との戦で戦死。
武田信重は信長の兄ですが、幕府からの度重なる守護就任命令を拒否し続けていました。
そのために幕府は罰せざるを得なくなり、四国に流されたことも。
武田信重が甲斐守護になったのは、最初の就任要請から17年も経ってからの事でした。

武田信満の弟や子が甲斐守護になりたがらなかったのは、鎌倉公方・足利持氏のせいでした。
当時の甲斐は鎌倉公方の支配地域で、守護は鎌倉に住むのが義務でした。
武田氏は一族を挙げて足利持氏に敵対した経緯があり、その足元で暮らすのは嫌ですよね?
武田信重が重い腰を上げて甲斐守護になった1438年、鎌倉では永享の乱が始まっていました。
永享の乱では足利持氏が討伐対象となり、武田信重の守護就任を後押ししたと思われます。
その足利持氏はあっという間に敗れて幽閉され、翌年はじめに自害しました。
武田信重が守護に就任すると、それまでの苦い経験を元に強固な家臣団を形成しました。

・・・ここまでが、下曽根氏初代の父の紹介ですあせる

下曽根氏の嫡男は、代々源六郎を名乗りました。

下曽根氏の初代・曽根賢信は武田信重の子で、幼名が源六郎でした。
そのため、下曽根氏の嫡男は、代々源六郎を名乗っています。
初代・曽根賢信の事は何もわかりませんでしたが・・・
ココに屋敷を構えた事が、その名前の由来になっています。

下曽根氏で有名なのが、3代目の下曽根浄喜です。
武田親類衆に属した小諸城の城将で、騎馬二十騎・足軽五十人持の侍大将でした。
結構な身分です。
しかし、1582年に織田信長に攻められると、小諸城主・武田信豊を殺してしまいました。
武田信豊は武田信玄の弟・信繁の子で、武田親類衆筆頭の超大物です。
その首を手土産に織田信長に寝返りましたが、不忠者として処刑されてしまいました。

その後の下曽根氏

下曽根浄喜の嫡男・信秀は、1575年の長篠の戦で既に戦死していました。
下曽根信秀の子・信照は武田氏滅亡後、徳川家康に仕えましたが、1590年に岩槻で戦死。
その弟・下曽根信正が家督を継ぎ、上野国碓氷郡に千石の領地を与えられました。
子孫は代々、徳川旗本家として存続しています。


所在地:山梨県甲府市下曽根町(實際寺)

山梨県の城跡/なぽのホームページを表示
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

なぽさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。