なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
三枝氏屋敷は、徳川家康の家臣となった三枝昌吉が居た屋敷です。
訪問日は2014年11月15日です。

【写1】三枝氏屋敷

三枝氏屋敷の跡地には、八幡大神社があります。
城跡が神社というのはよくあり、ポツンと木々の茂る鎮守の杜を目指す事が多いです。
しかし、ここはちょっと入り込んだ所でその技は使えず・・・
ココの場合は、県道601号沿いにコレが目印になります。

【写2】三枝氏屋敷

上の目印から入った先に、立派な鳥居があります。
ここが八幡大神社です。
領主様のお屋敷跡だけあってかなり広いですが、これでも半分以下のようです。

【写3】三枝氏屋敷

鳥居の左脇にあるコレが、唯一残された遺構の土塁です。
お屋敷のものとあって、そんなに高くありません。
往時がどうだったかは?ですがw
お屋敷はこの左側の畑から信光寺の辺りまで敷地だったそうです。

【写4】三枝氏屋敷

内側から土塁を見た所です。
鳥居の所で切れていますが、ココが虎口だったかどうか?です。
しかし、よく部分的にでも残ったもんです。

【写5】三枝氏屋敷

神社の境内です。
ココにお屋敷があったと思われますが・・・
今はその形跡すら残っていません。


◆歴史◆

1614年頃、三枝昌吉により築かれました。

三枝氏自体は大和朝廷より甲斐に派遣された在庁官人で、日本書記にも登場する家柄です。
平安時代末に甲斐源氏にその座を奪われ没落しましたが、武田氏に仕えて家は続きました。
しかし、戦国時代に断絶し、武田信虎の命により三枝一族の石原守種が名跡を継ぎました。
その子が三枝虎吉です。
この頃は勝沼に領地を持ち、甲府の屋敷で暮らしていたようです。

三枝虎吉は武田家中で奉行として活躍し、武田家滅亡後は徳川四奉行の一人となりました。
徳川四奉行は徳川家康が甲斐を統治した時に、甲斐の政務を補佐した4人の武田旧臣を指します。
その嫡男は三枝守友で、武田信玄が「我が眼となる者」と絶賛した猛将です。
三枝守友は1575年、長篠の戦の分岐点となった鳶ヶ巣山で戦死。
三枝昌吉はその弟で、武田信虎~勝頼に仕えた後、徳川家康に仕えました。

1590年に徳川家康が関東に移されると従い、下野国足利荘羽田に移ったと考えられています。
関ヶ原の戦の際は、子の三枝守昌とともに会津へ遠征しています。

徳川家康は大坂の陣の直前に、巨摩郡1万5千石を屋代・三枝・真田の3人に与えました。
屋代勝永は上神取、三枝昌吉は東向、真田信尹は大蔵にそれぞれ屋敷を構えました。
屋代氏屋敷の説明板では、「真田昌幸の甲斐侵攻に備えた」と書かれています。
真田昌幸は1611年に九度山で没していましたが、徳川家康はその死を疑っていたのでしょうか。

1632年、三枝氏が去ったと考えられます。

三枝昌吉は1624年に没し、子の三枝守昌が跡を継ぎました。
この時に父の領地と合わせて1万5千石の大身となります。
三枝守昌は父同様、徳川家光の弟で駿河大納言とよばれた徳川忠長の家臣となります。

しかし、気性の荒い徳川忠長は乱行を重ね、1632年についに改易処分となりました。
この時に三枝守昌も領地を没収され、陸奥国棚倉藩預かりの身となりました。
その後、1636年に赦免され幕臣となりますが、1638年に安房に1万石を与えられています。


所在地:山梨県北杜市須玉町東向(八幡大神社)

山梨県の城跡/なぽのホームページを表示
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

なぽさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。