なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
古宮屋敷は、武田家に仕えた津金衆の頭目・津金氏の屋敷でした。
訪問日は2014年11月16日です。

【写1】古宮屋敷

屋敷跡を南側から見た所です。
左側がおいしい学校、右側がカフェ明治学校です。
きっとこの段差は城塁の名残なのでしょう。

【写2】古宮屋敷

真ん中の道の奥にあるのが諏訪神社です。
手前の両学校よりもさらに一段高くなった所にあります。

【写3】古宮屋敷

神社の前の階段を上がった所に、この石碑があります。
「屋敷跡」というと城キチとしては二の足踏みますが、「城」の文字が嬉しいです恋の矢

【写4】古宮屋敷

諏訪神社の境内です。
十分高台にあるのですが、その中でも内側は更に段差があります。
どれだけ高い所が好きなのでしょうか?w

【写5】古宮屋敷

階段の左側はこんな感じになっています。
これはどう見ても堀と土塁ですよね?
ただ、冬でも青々とした笹が茂っており、何となくしか感じられません。

【写6】古宮屋敷

でも!
この堀跡を辿って行くと、下草が無くなり見やすくなります。
奥の方で堀と土塁が右(北側)へ曲がるのが見えます♪

【写7】古宮屋敷

西側は端から端まで視界を遮る草が無く、とてもハッキリ見えますラブラブ

【写8】古宮屋敷

その堀は、北端で切れています。
北側は断崖なので、堀を掘る必要が無いんですね。
あんまり注目されない所ですが、こんな感じで堀はバッチリ残っています。


◆歴史◆

津金衆の頭目・津金氏の居館でした。

津金氏の出自は諸説ありますが、常陸国の佐竹氏が甲斐に来た事では一致しています。
その中でも有力なのが、文明年間(1471~86年の間)に甲斐に来た佐竹胤義を祖とする説です。
もう津金衆について触れる事も無いかもしれないのでちょっと頑張りますw

その頃の常陸では、佐竹氏当主が2代続けて若死したため、主導権争いが起きていました。
当時の佐竹氏当主は佐竹義治で、一門筆頭格の山入氏と争っていました。
また、近隣の岩城氏とも争っていたようで・・・
かなり複雑になってきたのでギブアップしますあせる
・・・という事で、何らかの理由により常陸を追われる事になったと思われます。

甲斐の武田氏と常陸の佐竹氏は、平安時代末に分かれた同族です。
武田氏の祖・源義清は、佐竹氏の祖・源義業の弟でした。
だから、佐竹胤義は遠い遠い親戚である武田信昌を頼って来たという訳です。
佐竹胤義は津金の地を与えられ、以後は津金姓を名乗って武田家に仕えました。
津金氏は周辺に一族を配置し、次第に同族集団となって津金衆と呼ばれるようになりました。

1582年、主の武田家は織田信長により滅ぼされ、その織田信長も本能寺の変で斃れました。
この混乱は天正壬午の乱と呼ばれ、徳川家康に仕えて後北条方の獅子吼城を攻略しています。
徳川家康に仕えた津金衆は、先祖代々の土地の他、新たな領地も与えられるなどして続きます。


所在地:山梨県北杜市須玉町下津金(諏訪神社)

山梨県の城跡/なぽのホームページを表示
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

なぽさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。