なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
深草城は畑の真ん中にあります。
訪問日は2014年11月16日です。

【写1】深草城

谷戸城の次に訪ねたので、北側から見た所です。
周りは一面畑や田んぼだらけの緩~い傾斜が続いています。
その真ん中に木々がこんもり茂っているので、近くまで来るとすぐにわかります。

この写真には写っていませんが、すぐ左にはトラクターで畑を耕している方が居ました。
その方はずっとここで暮らしているそうですが、コレが城跡だとは知らなかったそうです。
無名の城跡あるあるですw

【写2】深草城

さて、場所は諸兄のサイトでわかったものの、どこから入れるのかわかりませんでした。
というのも、周囲はこんな感じでそこそこ立派な堀に囲まれているからです。
堀の傾斜が意外とキツイ上に、底には水が流れている現役の水堀です。
幅が狭いから飛び越えればいいんじゃない?ってのは、訪ねてから言いましょうw
見た目は小さく見えるのですが、イザ目の前で越えようとするとそうは行かないものです。

【写3】深草城

ただ、城内への入口は意外とアッサリ見つかりました。
城の北端からちょっと右へ進んだ所に、こんな感じで丸太二本の橋が掛けられています。
手すりも無いのでドキドキですが、城内への入口はココだけです。

【写4】深草城

丸太橋を渡って城塁を登った所が、北側の曲輪です。
ちゃんと一周土塁で囲まれており、奥の南端に南側の曲輪への虎口が見えますラブラブ

【写5】深草城

その虎口です。
あまり凝った造りではないので、ここも古い時代の城跡のようです。

【写6】深草城

南側の曲輪です。
こちらは北側の曲輪の数倍は広いです。
もちろん、ちゃんと土塁で囲まれています。
この景色、落ち着きますね♪


◆歴史◆

不詳ですあせる

ただでさえ史料に登場しない城跡なので、どこも『甲斐国史』の記述を引用しています。
その内容は、城主は堀内下総守で子の主税助の時に落城した、というものです。
また、逸見清光の家臣・堀内某が深草城の城主だったとも書かれています。

逸見清光は甲斐源氏の初代で、平安時代末の人物です。
そして、堀内下総守は戦国時代の人物です。
なので、深草城は平安時代末から戦国時代にかけての城だったという事になります。

堀はそこそこ深いのですが、構造自体は土塁で囲まれただけです。
軍事拠点というよりは、堀内氏代々の居館としての性格が強そうです。


所在地:山梨県北杜市長坂町大八田

山梨県の城跡/なぽのホームページを表示
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

なぽさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。