なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
馬場氏屋敷は馬場信春の屋敷でした。
訪問日は2014年11月16日です。

【写1】馬場氏屋敷

事前に調べて訪ねたのが、白州中学校の隣にある自元寺でした。
白い壁に囲まれたこの感じ、ちょっと脳内加工すればイイ感じですラブラブ

【写2】馬場氏屋敷

真正面から見たら、お寺ですがw

【写3】馬場氏屋敷

このお寺の入口に赤い屋根の門があります。
この門が、馬場氏屋敷にあった門です。
おお!ぉぉ!おお!と意味不明な雄たけびを上げ、意気揚々引き揚げました。



さて、その門には説明板が付けられており、馬場氏の屋敷にあった門だと書かれていました。
しかし、「白州町白須1008-1番地付近から移した」とも書かれていました。
・・・こういうのは事前に見なきゃダメですねwww
ということで、その番地辺りのストビューですあせる
右側が北杜市立白州保育園で、この敷地内に馬場氏の屋敷跡だったという標柱があるそうです。


◆歴史◆

馬場信春の屋敷でした。

馬場信春は武田家臣で、元は武川衆の教来石景政という名前でした。
1531年に18歳で初陣後、メキメキと頭角を現し出世街道まっしぐらでした。
1546年に武田信玄に侍大将に抜擢され、この時に馬場氏の名跡を継ぎ馬場信房と改名します。

馬場信房は信濃制圧でも大活躍し、小笠原氏が去った信濃の統治を任されます。
上杉謙信と何度も戦った川中島では、別動隊の指揮も任されています。
築城の名手とされ、信濃各地に今も残る数々の名城を築きました。

1562年には前年に引退した武田軍随一の猛将・原虎胤から美濃守の名前を拝領。
この時に馬場信春と改名しています。
70回以上戦に参加しながら、かすり傷1つ負わなかったため「不死身の鬼美濃」と呼ばれました。

しかし、武田信玄が没して武田勝頼が家督を継いでからは、不運の連続となります。
武田勝頼は武田信玄を支えて老臣達よりも、若い家臣を傍に置くようになります。
1575年の長篠の戦では、馬場信春や山県昌景らの進言を無視して出陣しました。
その結果、織田・徳川連合軍に壊滅的な敗北を喫し、武田家滅亡のきっかけを作りました。
この時、馬場信春は武田一門を退却させるために踏みとどまり、壮絶な最期を遂げました。

馬場家はその後、子の馬場昌房が継ぎました。
馬場昌房は謎だらけの人物で、名前すらよくわかっていません。
父と同じ「馬場美濃守信春」を名乗っていたともされます。

1582年に織田軍に攻められ、松本城の開城後は消息不明となります。
その後は馬場信春(父の方)の弟・馬場信頼が継ぎました。


所在地:山梨県北杜市白州町白須

山梨県の城跡/なぽのホームページを表示
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

なぽさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。