なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
吉田城山は、南北に細長い丘を利用した城でした。
訪問日は2015年4月25日です。

【写1】吉田城山

南東から吉田城山を見た所です。
地図では南側に山に入る道が描かれていますが、見つけられませんでした。
この道はかつて山上にあったホテルへの道で、てっきり宅急便で塞がれたと思っていました。
しかし、さっきストビューで見直すと、宅急便脇の道が青空駐車場になっているだけでした。
もしかしたらそこから城跡へ入れたかもしれませんが・・・
訪ねた方が「南側からは入れない」と紹介していたので、そうかもしれません。
先に書くと、北から辿ってホテル跡に辿り着くと、けっこう草深いヤブになっていました。
南側からはアクセスしていませんが、そういう状態なのかもしれません。

【写2】吉田城山

さて、アテが外れてしまい、どこから入ろうかと周りを走っていました。
こんなコンクリートの城塁登れないや!と途方に暮れていましたが・・・
見えちゃいました!!
人間、どうでもよい時に閃く事ってあるんですねw
コンクリートの壁が一部途切れています音譜

【写3】吉田城山

そこから見上げた光景です。
行けますねラブラブ

【写4】吉田城山

四肢をフル活用して斜面を登ると、途中、こんな感じになっていました。
うっすらとですが、帯曲輪の痕跡が残っていました。

【写5】吉田城山

さて、なんやかんやで登り切り、ふと元来た斜面を見下ろしてみると・・・
我ながら、よくこんな断崖絶壁を登って来たものだと感心してしまいました。
登ったはいいけど、下りるのはちょっと勇気の要る光景です。
まぁでも、登っちゃったからとりあえず城跡見ましょう♪

【写6】吉田城山

取りついた所は北の先端部らしく、南へ尾根が伸びています。
これくらいの緩~い斜面なら、全く苦になりません。

【写7】吉田城山

しかし、だんだんと傾斜がキツクなってきました。
ここを登り切った所が主郭・・・かも!と、変な動機で元気を回復させます。

【写8】吉田城山

で、またも四肢をフル活用して登り切りました。
そこはかなり広い平地なので、主郭で間違いなさそうです。

【写9】吉田城山

真ん中辺りに段ボールをグルグルに巻き付けた木があり、その根元にはモデルガンの箱が。
どうやらこの木に誰かの写真を貼って、ボロボロになるまで撃ち続けたようです。
・・・これは勝手な想像ですあせる
現役の秘密基地のようですが、使われなくなって少し時間が経っているようです。
この方がどこから登って来たのか、とても興味があります。

【写10】吉田城山

広々とした主郭を過ぎると、細い稜線が更に南へと伸びています。
南端はホテル跡の廃墟があるので、とりあえずそこまではと進んでみました。
実はもう見えていますが・・・

【写11】吉田城山

堀切の跡がありましたラブラブ

【写12】吉田城山

さらに進むと、またしても堀切の跡が!

【写13】吉田城山

堀切様の横顔です音譜

【写14】吉田城山

ここら辺まで来ると、進行方向左下(東側)に帯曲輪がはっきり見えます。

【写15】吉田城山

竪堀もヾ(*´∀`*)ノ

【写16】吉田城山

そして、また先の方が少し高くなっています。
また大きな曲輪の予感です。

【写17】吉田城山

大きな土盛りの向こう側に、かなり広い平地が見えました。
デッカイなぁ~、こっちが主郭かな~?なんて一瞬思いましたが・・・
足元にチラっと見えてますね。

【写18】吉田城山

どうやら、緑色のフェンスを土止め代わりに使っているようです。
斜面が崩れてフェンスで止まっただけかもしれませんが・・・

【写19】吉田城山

広場に積まれたガレキの山・・・
写真じゃわかりヅライのですが、コンクリートの残骸が高く積まれています。
どうやらここがホテル跡のようです。
ここに来る前は、お化け屋敷みたいな建物があるのかと思っていましたが・・・
そのお化け屋敷も崩壊し、かなり草深いヤブになりつつありました。
この先は草深いだけでなく、足元に大きなコンクリート片がゴロゴロしていて不安定でした。

城跡探索はここまでにして元来た道を戻り、最後は断崖絶壁を半分くらい滑り落ちましたw


◆歴史◆

1501年、北条早雲に占領されました。

『妙法寺記』に吉田城山の名が登場します。
この時の記述は攻め落としたというより、北条早雲が拠点としたような内容になっています。
北条早雲は1495年にもこの近くに攻め込み、「鐘山」に陣を張ったと書かれています。

北条早雲は相模へ勢力を拡大したイメージがありますが、甲斐にも攻め込んでいました。
それは、甲斐武田氏が扇谷上杉氏と同盟を結んでいたためでした。
その割に、関東の扇谷上杉氏関連の出来事に、甲斐武田氏はあまり登場しません。
内紛続きで、外へ侵攻したり援軍を送る余裕が無かったのでしょうか。

さて、北条早雲が占領した時点ですでに「城山」と呼ばれていたようです。
なので、元々の領主である小山田氏が、軍事拠点としていた可能性もあります。
史料に現れる最古がこれらしいので、それ以前の様子は謎のままです。

1516年頃から、今川軍が拠点としたようです。

武田信虎と一門の大井信達が対立し、この辺りで戦ったようです。
大井信達は小山田氏や今川氏親を味方に付け、そのため今川軍がここを拠点にしたようです。
武田氏と大井氏の争いは1520年まで続き、大井信達が隠居することで和睦しました。
この大井信達の娘が武田信虎に嫁ぎ、やがて武田信玄を生むこととなります。

この後、吉田城山は史料に登場しなくなります。


所在地:山梨県富士吉田市新屋

山梨県の城跡/なぽのホームページを表示
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

なぽさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。