なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
古渡城は烽火台だったと考えられています。
訪問日は2014年11月15日です。

【写1】古渡城

北側から見た所です。
手前は川が流れており、城跡へ登るには回り込まなければなりません。

【写2】古渡城

南西側に回り込むと、古渡橋があります。
この橋を通って川を渡ります。

【写3】古渡城

橋を渡ってまっすぐ進むと、城跡側へ入る道があります。
方向的にはこっちなんだなぁ~と道の先を見ると、山中へ入る道が見えます!
ここが登城口です。

【写4】古渡城

道の入口には「都留自然遊歩道」の案内があります。

【写5】古渡城

登り始めてすぐですが、広めの平たん地に出ます。
何となく堀と土塁のように見えたので、一応撮っておきました。

【写6】古渡城

そのまま進むと、住吉神社の鳥居が見えて来ました。
この段差が曲輪の境目で、手前側が2郭、神社のある段が主郭です。

【写7】古渡城

主郭にある神社です。

【写8】古渡城

社殿側から振り返って撮りました。
土塁がちゃんと写ってます^^
社殿の裏へ通じる通路がありました。
進んで見ると送電線の鉄塔があり、そこから急坂を下る道になっています。
下は川で、橋は無いんですけどね・・・

【写9】古渡城

次の城跡へ向かおうと、神社を後にします。
鳥居の所で段差を下った所が2郭です。
登ってくる時に堀っぽいのを撮りましたが・・・
上から見ると、ちゃんとまとまった曲輪に見えました。

【写10】古渡城

周りはちゃんと土塁で囲まれています。
烽火台にしては広いし、城にしては要害性があまり無いし・・・
集落の人が集まる広場なら、もっといい場所いくらでもありそうです。
戦国時代の避難所だったのでしょうか?


◆歴史◆

烽火台だったようです

『甲斐国志』に「谷村、吉田、船津へ急を告げる」ためのものだったと書かれています。
いずれも小山田氏の領地で、1520~30年代に吉田が今川軍に攻められています。


所在地:山梨県都留市鹿留

山梨県の城跡/なぽのホームページを表示
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

なぽさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。