なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
木谷城と鶴羽城は、詰め城と平城の関係のように見えます。
訪問日は2015年6月13日です。

【写1】木谷城・鶴羽城

木谷城の跡は公園となっており、こんな立派な駐車場があります。
ここも曲輪のように見えますね!

【写2】木谷城・鶴羽城

わくわくしながら徒歩で登りましたが・・・
登り切った所は、一面にかな~り広い芝生でした。
往時からこんなとは思えず。
「城のあった場所」でしかなさそうです。

【写3】木谷城・鶴羽城

外周はこんな感じの土盛りに囲まれていますが、ちょっとわざとらしいかも。
一度「ちがう?」という思いが入ると、素直にヾ(*´∀`*)ノとはなれない複雑ちゃんです。

【写4】木谷城・鶴羽城

ここにある石碑は「木谷城」でも「鶴羽城」でもなく「島津岩子夫人」の碑です。
島津岩子って誰?と気になり、ググってみました。
あんまり出て来ませんでしたが、用水路を引き新田開発に貢献したそうです。
地元では今も語り継がれている人物なんですね、きっと合格

ここの地図を航空写真で見ると、水田で囲まれた山のように見えます。
なのではじめは「沼沢地に囲まれた要害だったんだ!」なんて思っていました。
石碑に刻まれた人物を調べることで、ようやく周りの水田が江戸時代のものとわかりました。

【写5】木谷城・鶴羽城

次は麓にあった「鶴羽城」です。
鶴羽城は正式な名前ではなく、本来は「花岡麓」の地頭仮屋のようです。
背後に山城跡のある所に政庁を築くやり方は、島津本家の城を意識したものでしょうか。
築かれたのは江戸時代で・・・もう歴史書いちゃいましょうw

花岡麓は、薩摩藩3代藩主・島津綱貴の三男・久儔が1724年に封じられた外城です。
この時に築かれた地頭仮屋が「鶴羽城」と呼ばれていたそうです。
上に紹介した島津岩子は、花岡島津家2代め・島津久尚の正室だそうです。

【写6】木谷城・鶴羽城

この石垣と門も地頭仮屋のものだとか。

【写7】木谷城・鶴羽城

正門の表札も、左が鶴羽小学校、右が鶴羽城跡となっています。

【写8】木谷城・鶴羽城

ここは事前のリサーチでは鶴羽小学校でしたが、地図には記載がありませんでした。
あれれ?と思って見て見ると・・・
平成25年3月で閉校していました。
城跡であり、小学校跡でもあり、、、時は確実に流れていますね。


◆歴史◆

南北朝時代に楡井頼仲が木谷城を築いたと伝わります。

楡井頼仲は信濃源氏で、なぜか日向最南端の志布志を拠点とした南朝方の武将です。
遅くとも1336年までには志布志城に入ったとされます。
大隅の雄・肝付氏と組み、北朝方の畠山直顕と激しく争いました。
その結果、1351年には志布志城を失い、1358年、禰寝増清との戦に敗れて自害しました。
楡井頼仲の後の時代の木谷城の動向は不明です。

1724年、花岡麓が置かれました。

薩摩藩5代藩主・島津継豊が、叔父の島津久儔に花岡の地を与えました。
島津久儔は木谷城跡の麓に地頭仮屋を築き、「鶴羽城」と呼ばれました。
花岡麓を治めたため「花岡島津氏」と呼ばれ、7代続いて明治を迎えました。


所在地:鹿児島県鹿屋市花岡町鶴羽

鹿児島県の城跡/なぽのホームページを表示
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

なぽさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。