なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
加瀬田城は、大きな岩山を丸ごとお城にした感じがします。
訪問日は2016年12月31日です。
別名は加瀬田ヶ城、加世田城、高雲加瀬田城,平房城など色々あります。

【写1】加瀬田城

西から加瀬田城へ向かう途中、道端で見つけました。
城キチって、白い標柱や白い板、石碑に異常に反応する生命体なので。
それでこうやってたまにアタリを引きますw
この調練場は、城跡から西へ約1kmの県道72号の北側にあります。
標柱が無ければ、ただの畑にしか見えませんでしたあせる

【写2】加瀬田城

城跡への入口は、県道から入った脇道にあります。
しかし、近くには案内がちゃんとあるので、私でも迷わずに辿り着けました。
登城口は、道端にこんな感じで目立つ説明板と城址碑があります合格

【写3】加瀬田城

城の造りは、外周の腰曲輪を辿りながら、回り込んで登る感じです。
しかも、道は城塁(岩肌)と腰曲輪の間を通っています。

【写4】加瀬田城

上から見るとこんな感じで、攻め手は常に守備側からの攻撃に晒される構造です恋の矢

【写5】加瀬田城

しかも、ずっと登り坂!

【写6】加瀬田城

勢いよくわぁぁぁぁ!と攻めることが、構造上出来ませんヾ(*´∀`*)ノ

【写7】加瀬田城

かなり登った所に、かなり広い曲輪があります。
ここは主郭の一段下にあり、腰曲輪のようになっています。
回り込んで登って来る道が、上から見渡すことが出来ます。
しかも、入口がかなり狭いので、ここを陥落させるのも至難の業だと思います。

【写8】加瀬田城

さらに10メートル程登った所が主郭と思しき曲輪です。
さっきの曲輪もかなり広いのですが、その倍以上あります。

【写9】加瀬田城

さらに、端っこには土塁も付けられています。
ここの斜面をよじ登って来る敵兵が居るとは思えませんけど・・・w

【写10】加瀬田城

南東から見た加瀬田城の岩山です。
石垣は無くても、十分迫力がありますラブラブ
上司から「お前ここ落とせ」と言われたら、全力で「無理無理無理!」と言いそうです。
冷静に見ると周りは田んぼなので、近づくことさえ難しそうですネ。


◆歴史◆

築城年代や築城者は不明です。

史料に初めて登場するのは、室町時代初期の1336年です。
この時は、肝付兼隆が城主で、北朝方の島津貞久が攻めました。
当時の肝付氏は高山城から三俣(都城)に及ぶ広範囲を支配していました。
ココ加瀬田城はその中間地点に当たり、肝付氏にとっては最重要拠点でした。
城を巡る攻防戦は35日間に及び、島津軍が攻め落としました。

1351年、畠山直顕に攻め落とされました。

楡井頼仲の弟・楡井頼重が加瀬田城で挙兵したため、畠山直顕が禰寝清成に攻めさせました。
楡井氏は南朝方で、肝付氏の味方です。
経緯は不明ですが信濃国から志布志に移り、南朝ひと筋で頑張り続けました。
城攻めは北朝方の畠山軍が勝利し、加瀬田城は落城しました。
畠山直顕は1358年に島津氏久に敗れ、豊後へ落ち延びました。
それ以降は島津氏の城となったようです。

文明年間(1469~86年の間)、新納忠武が島津忠昌から奪いました。

新納氏は島津一族で、伊東氏の南下に備えて島津宗家により飫肥に移されていました。
しかし、東隣の櫛間を守っていた島津久逸と対立したため、1484年に志布志に戻されています。
なので、ココを攻めたとすれば1484~86年の間という事になります。
この頃の島津宗家はまだ十代前半の島津忠昌が当主で、家中を統制出来ていませんでした。
そのため、飫肥の島津豊州家や志布志の新納氏は、思い思いに戦って領地を拡大しました。
島津忠昌は一族の離合集散に終始翻弄され、1508年に自害してしまいました。

天文年間(1532~55年の間)に、肝付兼続が新納氏から奪還しました。

けっこう幅を持たせて書かれていますが、新納氏が滅びたのは1538年の事です。
なので、肝付軍により攻め落とされのは1532~38年の間という事になります。
当時の周囲の状況は、島津実久と島津忠良の争いが中心となります。
島津実久は日向南部の北郷氏や島津豊州家を味方にしました。
一方の島津忠良は、肝付兼続を味方にしました。
新納忠勝はそのどちらにも味方せず、双方が争う隙を突いて勢力を拡大していました。
しかし、島津実久が島津忠良に敗れたため、北郷氏や島津豊州家が島津忠良に従いました。
すると、新納氏は周りの勢力が全て敵となり、連合軍に攻められ滅びました。
志布志一帯は肝付兼続の領地となり、肝付氏は全盛期を迎えます。

1578年、島津家の直轄領となりました。

肝付兼続は島津忠良と同盟することで、大隅で勢力を拡大していました。
当時の島津忠良は、これから薩摩を統一するという段階でした。
しかし、島津忠良が薩摩を統一すると大隅や日向へ進出し、利害が対立するようになります。
1558年頃から両家は直接戦うようになり、肝付兼続は日向の伊東義祐と同盟しました。
伊東・肝付連合軍は島津氏と伊東氏が100年争った飫肥を奪うなど、島津軍を圧倒しました。

しかし、島津貴久が家督を継いだ1566年頃から逆襲に転じます。
同年中に島津軍は肝付氏の本拠地・高山城を攻め落とし、肝付兼続を自害に追い込みました。
その後を継いだ肝付良兼はその後の戦いで島津軍と互角以上に渡り合いましたが・・・
1571年に病のため世を去りました。
すると、肝付家中は結束を失い、1574年には島津義久に降伏しました。
しかし、その後も伊東氏に通じる動きを見せたため、1577年に領地を没収の上追放されました。
以後、肝付氏の領地は島津家の領地となり、島津右馬と比志島伊予守が城番となりました。
城は、1615年の一国一城令が出された時に廃城になったようです。


所在地:鹿児島県鹿屋市輝北町平房

鹿児島県の城跡/なぽのホームページを表示
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

なぽさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。