なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
手取城跡は、たぶん何年も誰も訪ねてないのではないか?と思うくらいに荒れています。
訪問日は2016年12月31日です。

【写1】手取城

城跡への入口がとてもわかりづらかったです。
というのも、地図でココだよ!って示されたサイト様がありません。
「作業小屋の手前に標柱があり山の中に入って行く道がある」が、唯一の手掛かりでした。
よくそれで辿り着けたなぁなんて、毎度の事ながら感心します。

迷子レベル高めの私は、御多分に漏れずここでも迷いました。
それっぽい「山に入って行きそうな道」へ入り、用水路脇を進める所まで進みました。
用水路はトンネルに、そして道は途絶え・・・ハズレですw

ということで、迷いに迷って見つけたルートを、地図にバッチリ書き入れましたヾ(*´∀`*)ノ
諸兄のサイト様では入口標柱左側に斜面がありましたが、私が訪ねた時にはありませんでした。
地面が削られたばかりのようで、重機で綺麗に馴らされ、建物が建ちそうな感じがします。
次に誰か訪ねる頃には、また登城口の風景が変わってそうですねあせる

【写2】手取城

せっかくなので、入口の標柱をアップします。
この道がこのまま通れるよう残してもらえるのか?ですが・・・

【写3】手取城

よし!見つけた!行くぞ!で進んだ先の風景です。
標柱の所から10メートル程先なんですが・・・wwwww(←草が生えるなんて表現されます)
なんて冗談が頭をよぎる程の荒れっぷりです。
入口の空き地に居たおじ様の視線が痛かった訳が、何となく分かりましたあせる
まぁでも真冬だし、私は進みましたけどw

【写4】手取城

そのさらに先は竹林になっており、レベルが高めの障害物競争のコースみたいになってます。
さすがに運動会ではここまでやりませんかあせる
まだ何とか進める程度だったので、構わずに進みます。

【写5】手取城

木々が濃くなり薄暗くなると、竹や下草が少なく歩きやすい部分もありますが・・・

【写6】手取城

明るい所はまぁこんな感じです。
さりげなく写真載せてますが、左側の斜面は城塁です。

【写7】手取城

おっ!着いたか!で、早速よじ登ります。
高さは3メートル程、、、だったような気がします。
曲輪は幅5メートル程で、奥へ向かって細長く伸びています。

【写8】手取城

その先端部が急に低くなっており、そこには堀切様が控えておられましたヾ(*´∀`*)ノ

【写9】手取城

その先の曲輪によじ登ると、真ん中に仕切り壁のような土塁様がヾ(*´∀`*)ノ

【写10】手取城

その先にまた堀切様が現れます。

【写11】手取城

三たび城塁をよじ登り、細長い曲輪上を進むと、今度はこれまで以上に落ち込んでいます。
山城の中で堀切を見つける時は、だいたいこんな感じに見えます。

【写12】手取城

ここが一番大きな堀切様です。
底には城址標柱があります合格
入口で「本当にこのまま進んで大丈夫なのか?」と不安だっただけに、喜びもひとしおです^^


◆歴史◆

1360年、島津氏久に攻められました。

前年の1359年、島津氏久は相良定頼とこの近くで戦いました。
この時、手取城の岩川氏や蓬原城の救仁郷氏は兵を出さず、島津氏久が敗れました。

翌1360年、島津氏久は報復のため手取城を攻め、岩川氏は城を捨てて落ち延びました。
岩川氏は血縁を頼り、佐多から種子島、屋久島へと逃れました。

・・・わかっているのはこのくらいですあせる


所在地:鹿児島県曽於市大隅町中之内

鹿児島県の城跡/なぽのホームページを表示
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

なぽさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。