なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
溝辺城は、林道脇に郭が連なる山城です。
訪問日は2015年12月29日です。

【写1】溝辺城

鹿児島空港のすぐ近くにある城跡です。
「近く」とは言っても、道がちょっとわかりづらかったのですが・・・
とりあえずピンポイントで調べておくと、あとはナビが連れて来てくれました音譜
ここが城跡への入口です。

【写2】溝辺城

入口にある標柱と説明板です。
これが無いと、どこが城跡だったのか???になりますあせる

【写3】溝辺城

入口から10メートル程進んだ所で、左側を見るとこんな感じになっています。
・・・ピピピッ!と来ませんか?

【写4】溝辺城

ちょっと中に入り込んで見ると、陰にこんなのありました恋の矢
至近距離で超深い堀が現れたので、縦構図でも入りきらず。
こんな時にスマホのパノラマ機能が役に立ちます合格

【写5】溝辺城

林道の左側に城跡が続きます。
城域は東西は50メートルですが、南北は400メートルあるそうです。

【写6】溝辺城

そんな林道を歩いていると、誘惑の道が・・・w

【写7】溝辺城

迷う事なく上がりました音譜
他に上がる所は無かったので、おそらくここが主郭?なのかと思いました。
ただ、土塁や虎口みたいに凝ったものは見当たらず、ただ平らな雑木林です。

【写8】溝辺城

もと来た方向へ進んでみると段差があり、その下にも曲輪がありました。
最初のザックリ堀で期待は膨らみましたが、山上に平らな曲輪があるという感じの城跡でした。


◆歴史◆

鎌倉時代末から室町時代初期に築かれたと考えられています。

島津国史で「元弘ノ頃、溝辺孫太郎居城ナリ」という記述が見られるそうです。
・・・直接見てないので、伝聞形ですあせる
「溝辺」という地名は元は「溝部」だそうで、史料に現れるのは平安時代末頃まで遡ります。
当時この辺りを支配していたのは酒井氏だそうで、元々は奈良時代に豊前から来たそうです。
酒井氏は宇佐神宮に関係する氏族で、その領地がこの辺りにあったということです。
「溝部」は豊前にある地名だそうで、移って来た人々が故郷を懐かしんだのでしょうか。
子孫は酒井氏、西郷氏、溝部氏になったそうです。

1358年、畠山直顕の軍勢が溝辺城を包囲しました。

城を守っていたのは本田重親で、島津氏久の重臣です。
畠山直顕は日向守護で、大隅に勢力を拡大したため島津氏と争っていました。
この前の年に志布志で島津軍に大敗し、1358年には豊後に落ち延びたそうです。
時期的に溝辺城を包囲していた畠山軍を島津軍が撃退した、ということでしょうか。
城を守っていた本多重親は、1379年に今川満範と戦った蓑原の合戦で戦死しています。

1486年、肝付兼固が城主となりました。

肝付兼固は島津忠昌に溝辺三十町を与えられ、大隅国大崎から移って来ました。
肝付兼固の父は肝付兼光で、兄弟喧嘩の末、島津氏に接近するようになった肝付氏の庶流です。
子の肝付兼演は島津勝久の家老を務めた後、島津忠良に従うようなりました。
そして1527年(または1534年)に加治木へ移りました。
その後、九州討伐後の1595年、溝辺は豊臣秀吉の蔵入地となりました。
この時まで溝辺は肝付氏の領地だったようです。

江戸時代には外城として麓が置かれました。

豊臣秀吉に召し上げられていた溝辺は、1599年に朝鮮出兵の功として島津家に返還されました。
それ以後は島津家の直轄地となっています。
江戸時代になると外城制がとられ溝辺麓となり、地頭仮屋がどこか近くにあったそうですが・・・
18世紀に現在霧島市溝辺支所のある場所に移っています。


所在地:鹿児島県霧島市溝辺町麓

鹿児島県の城跡/なぽのホームページを表示
AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

なぽさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。