なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
加治木館は島津義弘が最後に暮らした館です。
訪問日は2015年6月14日です。

【写1】加治木館

まずは西の丸があった柁城小学校から。
だいぶ破壊されてしまったようですが、

【写2】加治木館

正門から西側に一部石垣が残っています。

【写3】加治木館

反対側からも。
こうやって一部分でも残っていると、いいもんですねラブラブ

【写4】加治木館

石垣の開いてる部分です。
この門は往時のままでしょうか?
そうであってほしいです。

【写5】加治木館

今度は真ん中の道を挟んで東側です。
こちら側は東の丸があった場所です。
築かれた当初は、こっちだけだったそうです。
島津義弘が没した後、島津家久(忠恒)が西の丸を追加しました。
なので、オリジナルはこっち側ですね!

【写6】加治木館

石垣の膨らみ具合がヤバそうですが、何とか持ちこたえて欲しいです。

【写7】加治木館

こちらの門の脇には、「島津義弘公薨去碑」があります。
最近鹿児島の城跡ばかり書いているので、島津義弘が大ヒーローになってます。
なので、ちょっと感慨深いです。

【写8】加治木館

上の碑の反対側には、図入りの説明板があります。

【写9】加治木館

私のこれは、仮屋馬場通りを左から順に紹介しています。

【写10】加治木館

東の丸は大部分が加治木高校となっていますが、仮屋馬場通り沿いの一部が護国神社です。
この辺りだけ石垣がよく残っているのは、神社があるおかげだったんですね。
不信心な私でも、こんな時だけは「神様ありがとう(*^人^)」となります合格


◆歴史◆

島津義弘により築かれました。

築かれた年は定かではありませんが、1595年から1607年の間と考えられています。
当初は東側のみの単郭方形居館でした。
栗野城から帖佐館へ移った後、平松館を経て1607年に加治木館へ居館を移しました。
なぜこんなに居館を頻繁に変えたのかは、わかっていません。

1619年、島津義弘が没しました。

島津義弘の没後、島津家久(忠恒)が西の丸を増築しました。
年代は不明ですが、島津家久もここを居館としたと説明板には書かれています。

1631年、加治木島津家の館となります。

島津家久の三男・忠朗に館が与えられました。
以後、加治木島津家の居館となり、明治まで続きました。
西の丸に置かれた中納言様御殿は、郡役所や町役場としても使われました。
しかし、1945年に戦火により焼失しました。


所在地:鹿児島県姶良市加治木町仮屋町(柁城小学校、加治木高校、護国神社一帯)

なぽのホームページ/鹿児島県を表示
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

なぽさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。