なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
谷山本城は南朝勢力の本拠となったお城です。
訪問日は2015年12月31日です。

【写1】谷山本城

登城口は北側にあります。
入口にはお城についての説明板があります。
新しい住宅街が出来つつありますが、まだまだ空き地の方が多い感じです。
丸々空き地のブロックがあったので、そこに車を停めさせてもらいました。

【写2】谷山本城

道はだんだんと細くなっていきますが、右側で派手に土を削る工事がされていました。
表の平らな場所だけでなく、谷戸部分も宅地なりそうな感じです。

【写3】谷山本城

緩やかな坂道はいよいよ人がやっと通れる程の細道となります。
かつての登城路そのままであれば、ここに門でも構えそうな感じの地形です。

【写4】谷山本城

道はT字の突き当りとなり、右側がこんな感じになっています。
シラス特有の空堀のようです。
こちら側は覗いただけで、歩いていません。

【写5】谷山本城

T字の左側に道が続いています。

【写6】谷山本城

カーブを曲がるとちょっとした平たん部が現れ、小さな祠がありました。
ここが2段目の曲輪で、祠は伊勢神社です。

【写7】谷山本城

さらに登ると、今度はかなり広い平たん地が現れました。
ここが主郭です。

【写8】谷山本城

奥には土塁があり、また建物が現れました。
こちらは愛宕神社です。
遠目には展望台のあずま屋のようにも見えます。

【写9】谷山本城

その前に城址碑があります合格
本城という名前に、ここを薩摩の中心にしようとした意気込みを感じます。

【写10】谷山本城

そして、どこら辺だったか完璧に忘れちゃいましたが・・・
シラスの立派な空堀もあります恋の矢
たぶん、上の空堀に踏み込んだ先だったと思いますあせる


◆歴史◆

建仁年間(1201~3年の間)、谷山信忠により築かれました。

薩摩平氏の一族で谷山郡司を務めた谷山信忠により築かれました。
以後、島津氏により城を追われるまでの約200年間、谷山氏の本拠地でした。

1342年、征西大将軍・懐良親王が入城しました。

後醍醐天皇の皇子である懐良親王が下向し、谷山城に入りました。
薩摩平氏だけでなく肝付兼重や伊集院忠国ら味方となり、南薩摩は大半が南朝方となりました。
1347年には薩摩守護・島津貞久の居城・東福寺城を攻撃し、陥落寸前にまで追い込みました。
しかし、1348年に谷山隆信が島津軍に敗れると、懐良親王は肥後へ移りました。

島津氏が谷山氏を屈服させるまで約50年の歳月がありますが・・・
元々島津氏は北朝方でしたが、状況に合わせ南朝方に味方することもありました。。

1371年、九州探題として今川了俊が赴任しました。
島津氏久は、今川了俊が味方の少弐冬資を暗殺したため、敵対するようになります。
今川了俊は、島津氏と戦っていた南朝方の伊集院忠国の子・久氏を誘いました。
しかし、伊集院久氏は乗らず、島津氏久の娘を嫡男の嫁に迎えて味方となりました。
薩摩の南朝方が一気に滅亡しなかったのは、こんな動きがあったからだと思います。

1397年、島津元久が谷山城を攻略し、谷山氏が退去しました。

谷山氏と島津氏の戦いの経緯はサッパリわからず・・・
ただ「応永4年」に谷山氏が城を退去したことだけわかりました。
この年、今川了俊が失脚後の後任として、渋川満頼が肥前に赴任しました。
すると、島津家の名代として島津久豊、島津忠朝が出向き関係を改善しました。
九州探題の一番の目的は、南朝方勢力の駆逐です。
この時に、薩摩の谷山氏討伐が話し合われたのかもしれませんね・・・

1417年、伊集院頼久が立て籠もり、島津久豊に攻め落とされる。

1411年に島津元久が没すると、伊集院頼久と島津久豊(奥州家)が家督を巡り争いました。
伊集院頼久は総州家の島津久世を味方に付け、優位に戦いを進めていました。
しかし、1417年に谷山城を攻め落とされると、川辺の平山城へ移り抵抗を続けました。
和睦の席で島津久世が暗殺されたものの、両者は和睦して戦が終わりました。

1527年6月、島津実久が島津忠良から奪いました

島津勝久が島津実久と対立し、味方に引き込もうと島津忠良の子・貴久を養子に迎えました。
しかし、島津実久は島津勝久を誘導し、島津忠良・貴久父子との養子縁組を解消させました。
この時に島津実久は軍勢を動かし、宗家の本拠・清水城と谷山城を攻め落としました。
島津忠良・貴久父子はかなりのピンチでしたが、何とか伊作城・田布施城へ逃れています。

1535年9月、島津実久方が籠城、島津勝久方が攻めた

島津勝久は重臣の川上昌久に諫言され、逆切れして自害に追い込みました。
すると、島津実久はサジを投げ、本格的に島津勝久排除に動きました。
島津勝久は帖佐へ逃れたものの、北原氏と祁答院氏の援軍を得て島津実久軍に勝ちました。
それが谷山城での戦いと思われます。

その後、島津実久軍の反撃に遭い、島津勝久は各地を転々としました。
島津勝久は、一方的に養子縁組を解消した島津忠良・貴久父子を再び味方にすることに成功。
徐々に島津実久に対して優位に立ちますが、家臣が島津貴久擁立に傾き豊後へ去りました。

1539年、島津忠良が攻め落としました。

島津忠良は1537年に島津実久と会談し、領地の交換に応じれば守護と仰ぐと提案しました。
交換するのは川辺・加世田と鹿児島・谷山・吉田・伊集院で、薩摩が綺麗に南北に分かれます。
しかし、島津実久はこの提案を却下し、谷山を実力で奪いました。
島津忠良は渋谷一族を味方にして薩摩中央部を抑え、薩摩の南北を分断しました。
島津実久は谷山城で敗れると加世田へ移り、そこでも敗れると降伏して出水へ移りました。
島津忠良は実質的に薩摩を統一し、嫡男の島津貴久が薩摩の盟主となりました。

廃城の時期はよくわからず・・・

ググっても、某大聖典を見てもいつ廃城になったのか書かれていません。
江戸時代は麓に地頭仮屋が置かれたので、一国一城令まで続いた可能性大です。


所在地:鹿児島市下福元町

鹿児島県の城跡/なぽのホームページを表示
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

なぽさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。