なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
勝目城は道端の小さな丘の上にありました。
訪問日は2015年12月31日です。

【写1】勝目城

綺麗な道の脇の斜面に、1本の真っ白な標柱が立っています。
城キチは、こういう白い標柱があると思わず立ち止まっちゃいます。
ここが勝目城の登城口です。

【写2】勝目城

これが往時の登城路かどうかは?ですが・・・
なんとなくそんな雰囲気がありますね!

【写3】勝目城

やっぱり往時からの道っぽいですね。
登り詰めた所が堀底につながっています。

【写4】勝目城

たぶん堀ですよね?これは!

【写5】勝目城

その右脇に上がると、小さな石塔が数基並んでいます。
お地蔵様も石塔も、広い曲輪内側ではなく、堀端で堀側を向いています。
配置はちょっと不自然な感じがしますが、これって鹿児島の方を向いているのでしょうか?


◆歴史◆

ググっても全くヒットしなかったので、現地の説明板の文面から掘り下げてみました。

薩州家・島津国久の子・忠綱が城主となりました。

具体的な年は不明ですが、島津国久が加世田に居た頃のようです。
加世田が島津国久の支配下に入ったのは、島津忠昌と争い始めた1476年頃と思われます。
島津国久は1498年に没しているので、1476~98年の間に築かれたと考えられます。
新たな支配地域に自分の子を配置しているので、この期間の始め頃が妥当かと思われます。
島津忠綱は大野駿河守と名乗るようになり、以後3代続きます。

大野忠綱の父・島津国久は、島津薩州家の2代め当主です。
孫で大野忠綱の甥でもある島津忠興は、1500年に伊作家の島津久逸を討っています。
それでも家が続いているということは、伊作家寄りの関係であったためと思われます。

1591年、大野忠宗が島津義久に誅殺されました。

「誅殺」は「罪ある者を殺す」ことです。
大野忠宗が島津義久の命により、清水の市之瀬で誅殺されました。
娘婿の大野忠高も、加世田で蟄居を命じられています。
なぜなんだろう???とわからなければわからない程に萌えますメラメラ

大野忠宗と忠高の義父子は、前年の小田原征伐で島津久保の供をしています。
島津久保は島津義弘の次男で、次の島津家当主になる予定の人物でした。
次期当主初陣のお供を命じられるのは、余程信頼されていたハズです。
そんな人物が手討ちにされるとすると、島津久保と仲違いでもしたのでしょうか?
それとも、ヤンチャを止められなかったことでお咎めを受けたのでしょうか?

ただし、娘婿の大野忠高は、翌年の朝鮮出兵で島津久保のお供をするよう命じられました。
仲違いというセンはなさそうですね・・・
この時に大野忠宗の娘と離婚し、実家の名である樺山久高と改名しています。
大野忠宗の娘は薩摩に居られなくなり、京へ移りました。

1607年以降に大野氏が再興されました。

大野忠宗の娘は、離婚後は出家して妙春と名乗りました。
京で4、5年過ごした後、薩摩に帰国しています。
1605年に島津朝久の娘が松平定行に嫁ぐと、島津義久に供を命じられて掛川に赴きました。
その後、1607年に薩摩に帰国すると、島津家久に大野家の再興を願い出て許されています。

ますます大野忠宗誅殺の謎は深まります・・・
少なくとも、謀反とかではなさそうですね。

妙春は三原重饒の次男(名前が?ですあせる)を養子に迎えて大野家を再興しました。

城跡にある石塔は大野氏の子孫が、大野忠宗を弔うため建てたものです。
ここの他に、大野忠宗が誅殺された市之瀬と、忠宗夫人の墓にも同じ石塔があるそうです。


所在地:鹿児島県南九州市川辺町中山田

鹿児島県の城跡/なぽのホームページを表示
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

なぽさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。