なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
#南郷城は薩摩では珍しく、虎口がしっかりした城跡です。
訪問日は2015年12月30日です。

【写1】南郷城

南郷城は付近に案内が出ており、山城では珍しく専用の駐車場があります。
ここから案内に従って、写真の右側へ進みます。

【写10】南郷城

登城路は薩摩の城跡らしく、シラスを豪快に削った箇所が数か所見られます。

【写3】南郷城

まだ新鮮な倒木が道を塞いでいましたが、城キチはこれを乗り越えます。
一般化しちゃってますが、皆様もこれ位なら進みます、よね?w

【写4】南郷城

さらに進むと、門のような所があります。
人工的に斜面をくり抜いた感じがしますね!

【写5】南郷城

登城口からシラスを削った細道を抜け、大きく右に回り込んだ所に城内への入口があります。
何となくですが、道が見えますでしょうか?あせる

【写6】南郷城

この入口を登った所がココです。
三方を土の壁に囲まれた虎口です。
登ってくる時の視線だと左へ行くように見えますが、正解は右です。
何気に凝ってますね恋の矢

【写9】南郷城

この虎口を上から見た所です。
攻め寄せて来た敵を、ここで上からフクロに出来ますね合格

【写7】南郷城

虎口から上がった所が主郭です。
山道を通った先に、こんなに広い場所があるんですね!
遠目に周囲を囲む土塁がちゃんと見えます。
駐車場からココまでの所要時間は10分でした。

【写8】南郷城

薩摩では、凝った虎口や外周を囲む土塁はあまり見かけません。
城主様は本州のどこかで築城術を学んだのでしょうか?


◆歴史◆

南北朝時代に桑波田氏により築かれました。

平安時代末から鎌倉時代はじめにかけて、当地は南郷万楊坊覚弁の領地でした。
南郷万楊坊覚弁の子孫は桑波田姓を名乗るようになり、室町時代にこの城を築きました。
桑波田氏は南朝に味方し、北朝方の島津氏と争いました。

1533年、島津忠良・貴久父子に攻められ落城しました。

この頃の城主は桑波田栄景で、薩州家の島津実久に従っていました。
島津実久は宗家の島津勝久を意のままにしようと、ムチャ振りを繰り返していました。
島津勝久は、そんな島津実久を疎ましく思い、伊作家の島津忠良に助けを求めたのでした。
その見返りとして、島津忠良の嫡男・貴久に宗家の家督を一時継がせました。
これが後に火種となり、島津勝久は薩摩を追われることとなるのですが・・・

・・・長くなりそうなので、この辺で切りますあせる

南郷城は島津忠良の三男・島津尚久のものとなりました。
島津忠良は地名を永吉に改め、江戸時代には外城として永吉麓が置かれました。


所在地:鹿児島県日置市吹上町永吉

なぽのホームページ/鹿児島県を表示
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

なぽさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。