なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
市来鶴丸城は主郭が鶴丸城で、全体の総称が市来城なのだそうです。
訪問日は2015年12月30日です。

【写1】市来鶴丸城

いきなりですが、現地の説明板に載っている図をパクリます。
ここは鹿児島らしくない、普通の山城です。
鹿児島でこういう城跡に行くと、鹿児島に居ることを忘れそうです。

【写2】市来鶴丸城

登城口の鶴丸小学校は、江戸時代に地頭仮屋のあった所です。
石垣がそのまま残っており、雰囲気はバッチリです^^

【写3】市来鶴丸城

門の石垣が鋭さを感じさせます。
この石垣の上に塀や門があると、守りが堅そうに見えますよね!

【写4】市来鶴丸城

小学校の左脇を上がって行くと、赤い鳥居の春日神社があります。
山城の入口にある平地なので、ここも曲輪だったのでしょうか。

【写5】市来鶴丸城

城跡への道はこんな感じです。
両脇を固められると、簡単には侵入できなさそうな感じがします。
まだ登らないうちから妄想モード全開ですあせる

【写6】市来鶴丸城

さぁ、いよいよ登るゾ!という所に、1体の外国人の銅像があります。
誰だ?と思って近づくと、フランシスコ・ザビエルでした。
日本史に登場する、数少ない外国人ですw

【写7】市来鶴丸城

さて、今度こそ登ります。
案内には230mと書かれていますが、近いと思いますか?
山の200mは、距離の割に息が切れますあせる

【写8】市来鶴丸城

それでも、山城は期待に応えるかのようにこんな風景を見せてくれます。

【写9】市来鶴丸城

ゲンキンな私は、こういった風景を見るたびに体力が回復していきます恋の矢

【写10】市来鶴丸城

そして、あっという間に主郭の鶴丸城に到着です。
登城口からの所要時間は12分です。
・・・意外に低かったですあせる

【写11】市来鶴丸城

主郭はかなり広い削平地で、縁には所々こんな感じで土塁も残っています合格


◆歴史◆

市来郡司の市来氏により築かれました。

築城年代は不明ですが、市来氏により築かれたとされます。
市来氏は宝亀年中(770~781年の間)に薩摩に下向し、市来郡司となりました。
約4km北西の鍋ヶ城を代々の居城としていました。

6代目の市来政家は惟宗康友の孫で、市来氏の養子となり家督を継ぎました。
島津氏とは遠縁に当たるのですが、島津久時と惟宗家の系図について相論しています。
最終的な結論は出ないままだったそうですが、結果的に島津氏の言い分が通っています。
現代では、チョット疑義が出ているそうですが・・・w

1463年、宗家の島津立久に攻め落とされて市来氏は滅ぼされました。

南朝方についた市来時家は、北朝方の島津立久と戦いました。
そのため島津軍に攻められて降伏し、市来鶴丸城は落城しました。
市来は島津氏の領地となりました。

1535年頃、薩州家の島津実久の城になりました。

島津宗家の当主・島津勝久がやりたい放題気ままな当主だったため、両者が対立しました。
この中で1526年、島津勝久は伊作家の島津貴久を養子に迎え、家督を譲りました。
これが宗家・薩州家・伊作家の三つ巴の争いの発端となります。
・・・面白そうなので、ここら辺でセーブしますあせる

一族総出の諫言を聞き入れなかった島津勝久は、ついに直臣からも見放されるようになります。
そうして1535年、島津実久が島津勝久を豊後へ追放しました。
島津勝久の領地は、島津実久がそのまま奪ったものと思われます。

1539年、伊作家の島津忠良の城になりました。

島津実久は伊作家の島津忠良(貴久の父)も攻め滅ぼそうとしました。
島津忠良は領地の割譲と服従を申し出たものの、島津実久は受け入れませんでした。
戦いが始まってみると、島津実久の強引な統治に耐えかねて寝返る家臣が続出。
市来城を守っていた多田頼益の弟・日高義秋も、島津忠良に寝返りました。
すると、多田頼益の寝返りを恐れた島津実久は、多田頼益を殺してしまいました。
市来鶴丸城には、一族の島津忠房を入れました。
島津貴久が市来を攻めると、島津忠房ははじめ平城に籠り、次いで市来城に籠りました。
しかし、最終的に島津忠房は降伏し、市来は島津忠良・貴久父子の城となりました。

1550年、フランシスコ・ザビエルが来ました。

新納康久が城主の時に、フランシスコ・ザビエルが城を訪れ布教しました。
この時に新納康久夫人や子をはじめ、城内でも洗礼を受けた者が多数居たそうです。
1561年にはフランシスコ・アルメイダが城を訪ねて、この時にも70名程洗礼を受けたそうです。
この人は元々は商人だったものが、日本でキリスト教に染まり、さらに病院を建てた人物です。
医師免許も持っていたそうで、かなり多才な人だったんですね!

江戸時代には外城が置かれました。

伊集院忠朗、新納康久、新納旅庵などが城主を務めました。
・・・ググってもあまり城主が出て来ませんがあせる
新納康久の子・新納旅庵も市来地頭と書かれていたので、多分そうなんでしょう。
江戸時代には外城の1つとなり、麓の小学校の所に地頭仮屋が置かれました。


所在地:鹿児島県日置市東市来町長里

鹿児島県の城跡/なぽのホームページを表示
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

なぽさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。