なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
川田城は県道211号沿いにあった丘城で、馬越城とも呼ばれます。
訪問日は2016年12月29日です。

【写1】川田城

川田城は県道211号沿いにあり、ここが目印となります。
〇で囲んだ所に説明板があり、その反対側に車を停めておくことが出来ます。
登城口がわからず辺りをグルグル回りましたが、最終的には□の所から登りました。

【写2】川田城

ここが上の写真で□で囲んだ所です。
舗装道ですが、上に車を停める所はありません。

【写3】川田城

道なりに進み、右に大きくカーブした所にこの石垣があります。
この積み方といい、苔むし具合といい、かなり古いものですね!
もしかしたらお城があった頃のものかもしれません。
・・・という事で、城キチあるあるの「とりあえず撮り」ですw

【写4】川田城

この石垣で囲まれた部分は民家の裏手になっており、ココから城跡に入れるようです。
城主様のお屋敷があったのでは?という、とてもそれっぽい雰囲気がします恋の矢

【写5】川田城

なぜ推測的な言い方になったかと言うと・・・
石垣のすぐ手前の竹藪に入り、ここから直登したからですあせる
途中で下に通じる通路っぽい所に当たり、その先がさっきの石垣の広場に通じていました。
直接歩いて確かめてないので、推測的な書き方にしています。

【写6】川田城

登り切った所は削平されており、縁には低い土塁がありました。
まぁこんなもんねと思っていましたが・・・

【写7】川田城

奥へ進むと、土塁がだんだん高くなってきました。
ということは、その裏に何があるのかおのずとわかってきます。
期待を込めて裏を覗き込むと・・・

【写8】川田城

空堀かと思ったら、深さ10メートル程の、、、何て言うんでしょう、これ?w
とにかくとても登って来れないような、深い堀?が横たわっていました。
鹿児島って、こんな感じに郭どうしが隔てられている城跡がとても多いです。

【写9】川田城

このとんでもない崖を下りた跡があったので、木に掴まりながら下りてみました。
とても戻れるとは思えなかったのですが、堀の先に道があったのでそこから出るという事で。
やはり、堀?は底から見上げる風景が一番好きですラブラブ

【写10】川田城

上の写真の段になった所が道になっており、だいぶ下った所から振り返って撮りました。
鹿児島では空堀をこんな風に掘るのか、それとも自然の地形を利用したのでしょうか?
前者ならとても凄いですけど。

【写11】川田城

そのまま道を下ると、登って来た道に出ました。
城跡の探索はこれで終わりにしましたが・・・
今これ書くにあたって地図の等高線を見ていると、ここは城域の南端部のように見えます。
お城の主要部はむしろ、北側にある畑のような気があせる
等高線見てるだけで、曲輪や堀の位置が何となく見えてくるような気がします。
城キチあるあるの「あ、しまった!」ですw

※そう思って『日本城郭体系』を見ると、見て来た所が主郭でしたε-(´∀`*)


◆歴史◆

鎌倉時代末頃から戦国時代まで、川田氏のお城でした。

川田氏は源頼朝の従兄弟・志田頼重を祖とする比志島氏の庶流です。
志田頼重は木曽義仲に味方したため薩摩に流され、薩摩守護・島津忠久に預けられました。
やがて許され信濃へ帰りましたが、子の重賢は薩摩に残り、領地から満家姓を名乗りました。
満家重賢は子に領地を分け与え、長男が比志島氏となり、三男・盛資が川田氏となりました。
川田盛資が父祖の菩提を弔った石塔が残っており、永仁五年(1297年)と彫られています。
初代からバリバリの島津家臣だったようですね。

12代めの川田義朗が大隅国垂水へ移り、廃城となりました。

川田義朗は島津義久の軍配者でした。
伊集院忠倉や岩切信朗から兵法の奥義を授かったそうです。
とは言っても色々読んだ感じでは策略家ではなく、物事の吉凶を占っていたようです。
戦で勝った時に勝ち鬨をあげるのも軍配者の役割だそうですが、決まり事があるようです。
単純に、勝った!→やったー!→えいえいおー!・・・ではなかったのですねあせる
重臣どうしの意見がまとまらない場合には、籤で決めたりもしていました。
また、戦に勝った時には、戦死者が怨霊になるのを防ぐための供養などもしています。
川田氏は一生不犯(結婚しない)の家系なので、代々本家の比志島氏から養子が入りました。
神様にお伺いを立てる者ということで、そんなしきたりがあったのでしょうか。

川田義朗が大隅国垂水へ移ったことにより、川田城は廃城になったとされます。
その時期が?ですが・・・
1574年に一度垂水へ移り、1580年に川田に戻っているようです。
川田義朗は1595年に没し、養子の川田国鏡(比志島国真の子)は1599年に日向に移っています。
どんなに遅くとも、1599年には廃城になったと思われます。


所在地:鹿児島市郡山町川田下

鹿児島県の城跡/なぽのホームページを表示
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

なぽさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。