なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
猫城は半遭難した藪城です。
訪問日は2015年12月31日です。

あちこち城めぐりをしていると、面白い名前のお城がたまにあります。
九州ではちょくちょく「猫」が付いた城跡があり、揃えてみるか!で行ってきました。
(今の所福岡県中間市の猫城で1つ、あとは猫尾とか犬尾などなど)

【写1】猫城

訪問前の情報では「麓の打ちっ放しゴルフ場脇から山中を登る」とありました。
実際訪ねてみると打ちっ放しゴルフ場はありましたが、入るのがためらわれる雰囲気でした。
それでゴルフ場の脇を登る車道があるので「上まで車で登った方が楽では?」と思いました。

そしてその坂を車で登り切った所がココです。
地図では道は一直線ですがT字路で、見た目は十字路のようになっている所です。
坂道を登りながら山の方に入る道を探していましたが、おあつらえ向きなのがありました。
城跡の位置はピンポイントで事前に登録しており、iPhoneで方向を確かめながら進みました。
周りに車を停められそうな所が無かったので、私はこの矢印の所に頭を突っ込んで停めました。

【写2】猫城

さて、勢いよく山に入ろうとしましたが、5メートル先はこんな風景です。
あれ?進めない?なんて思いましたが・・・
既に藪かきをする気マンマンだったので、迷わず矢印の歩いた痕跡を辿りました。

【写3】猫城

10メートル位進むと、今度は真正面に杉林が見えました。
行き止まりなのか?と思いましたが・・・

【写4】猫城

歩いた痕跡ハッキリした道に昇格したうえ、左側には人工的な段差が!
山ではよく見かけるヤツですが、おそらく植林の際にやったものと思われます。
・・・いつもこうやって、いきなり沸騰しそうなテンションを冷ましています。

【写6】猫城

しばらくは道がハッキリしているので、道なりに進みます。
すると、何やら段差があり、その中に入る道が現れます。
城キチなら、もちろんこっち(左)へ進むでしょう。

【写7】猫城

そこから先はハッキリした道が無くなり、ただの藪となります。
時々現れる人の手の入った形跡をみながら「ここはただの藪じゃない」と自分を慰めます。

【写8】猫城

そんな努力が実ったのか、藪の中をウロウロする内に石積みを見つけました!
さすがにこれは、テンションが沸騰するのを抑えられませんでした。
低い石垣は、おそらく江戸時代に入る頃に築かれた館のものと思われます。

【写10】猫城

さらにズンズン奥へ進んで行くと、今度は土塁まで!
新ルート発見!なんて喜びながら、藪の中でひとりはしゃいでいるのでした。

【写11】猫城

ただ、全般的にはこんな感じで荒れ放題となっています。
しかも、途中から道が無くなっていたので、どこをどう進んで来たのやら???
当時は目印を全く付けていなかったので、帰りはバッチリ迷いました。
iPhoneをドラゴンレーダーのようにして方向を確かめながら、何とか元の所へ戻れました。


◆歴史◆

1600年、伊集院忠真により築かれました。

伊集院忠真は、関ケ原の戦の直前に都城で内乱を起こした武将です。
この乱は伊集院忠真の父・忠棟が、京で島津忠恒に殺害されたことにより起こりました。
伊集院忠棟は島津義久の筆頭家老で、島津家の勢力拡大に最も貢献した人物でした。
しかし、豊臣秀吉による討伐後に権勢を増し、反感を覚える者も少なくありませんでした。

1599年3月、伊集院忠棟の嫡男・忠真は、都城で反島津の兵を挙げました。
これが庄内の乱で、丸1年続いた後、徳川家康の仲介により和睦しました。
降伏した伊集院忠真が移されたのが頴娃1万石で、その居城となったのが猫城でした。
関ケ原の戦で島津義弘の兵力が少なかったのは、この乱によると考えられています。

1602年、伊集院忠真が暗殺されました。

頴娃1万石を与えられたものの、伊集院忠真がどこに居たのかハッキリしません。
居城は猫城とされますが、島津義弘の帖佐に留められていたというのも出てきます。
1年戦って討ち取れなかった人物が領内に居るのですから、そりゃ警戒しますよね?
当然の帰結というか、やはり目障りだったのでしょう。
島津忠恒は徳川家康に謝罪するため上洛しましたが、伊集院忠真に同行を命じました。
その途中、日向国野尻で狩りを催し、「誤射」と称して伊集院忠真を暗殺しました。
誤って殺した・・・と言いながら、同じ日に伊集院忠真の母親と弟3人も殺されました。
猫城は主を失い、廃城になったと思われます。


所在地:鹿児島県南九州市頴娃町御領東高峰

なぽのホームページ/鹿児島県を表示



これを書こうとググっていたら、城址碑を載せているサイト様がありました。
リンクフリーということなので貼らせて頂きます。
頴娃町タウン情報【南薩摩観光情報】

このサイト様に掲載されている地図がYahoo!地図なので、あまり拡大表示出来ず。
ただ、このサイト様では登城路のKMLファイルをダウンロード出来るようになっています。
早速ダウンロードしてGoogleマイマップに読み込み、上の地図と重ねてみると・・・
ルートはほぼ同じでちゃんと城域には辿り着けており、城址碑まであとひと息でした。
もしかしたら、5枚目の写真の所で右へ進めばよかったのかも。
私が訪ねる前にこのサイト様があれば・・・(T_T)
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

なぽさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。