なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
茶臼山城はなぜ訪ねたのか、自分でも謎な城跡です。
訪問日は2016年12月29日です。

【写1】茶臼山城

茶臼山城への登城路は、国道504号脇にあるこの標柱から入る林道です。
お城についての案内はたったこれだけ。
ここからどこをどう進めば良いのかは、サッパリわかりません。

多分どこかのサイト様で場所だけ調べたんだと思いますが・・・
そのサイト様を後から確認しようとしても、見つけられませんでしたあせる
なので、この城跡に至る道筋は、スタートとゴールと等高線だけで推測しました。
こういう謎解きするような城跡へ行くのも、1つだけならそこそこ刺激的ですw

【写2】茶臼山城

上の写真に写っている城址標柱です。
お城の名前の下に「*****山一帯」と書かれています。
そのすぐ上にも文字が書かれていたようですが・・・
意図的に削られてしまった感じに見えます。

【写3】茶臼山城

道の入口から5メートル先には、簡易的な橋が架けられています。
この橋、あまり強度は無さそう・・・
軽とは言え借り物のレンタカーなので、ドキドキしながら渡りましたあせる

【写4】茶臼山城

入口は舗装されていたものの、橋から先は未舗装の林道です。
路面は柔らかく砂利も転がっているので、バイクでここに入るのはNGです。
車も悪路を走行するようなタイブでないと苦労します。
私もぬかるんだ箇所で2回、泥にハマりかけました。
なので、路肩がちょっと広くなった場所に車を停め、早々に徒歩に切り替えました。

【写5】茶臼山城

林道が大きく右にカーブした後、緩く右→左→右にクネクネします。
2回目のゆる~い右カーブから、左側に見えるこんな感じの所に入って行きます。
事前の想定では、ここから歩ける道があるのかと思いましたが、何もありません。

【絵】茶臼山城

なんて、文章だと色々と説明するのが難しそうだったので、また絵を描きました。
文章が何となく???だったら、この絵で補って下さい。
などとは言いつつ、相変わらず絵心の無さに胸がズキズキ痛みます
絵は、上の写真の林道脇へ入って行く所から描いています。

【写6】茶臼山城

林道脇の広くなっている所は、チョロチョロと水が流れています。
川という程ではなく、雨上がりのような感じです。
その水を避けようとしたのか、石積みを橋のようにしている所が数か所あります。
この上を通って、まずは正面の小さな丘の手前まで進みます。

【写7】茶臼山城

正面の小さな丘は、上が見えるのですぐに登れてしまいそうです。
高い所へすぅぅぅっと吸い寄せられそうになるのは仕様ですが、逆らって左へ進みます。
すると、小さな丘と丘の間の窪んだ所に出ます。
そのまま真っすぐ進むと城跡の丘の断崖にぶつかるので、ちょっと左へ進みます。
すると、何とかよじ登れそうな竹林があるので、ここを直登します。

【写8】茶臼山城

登り切った所は、幅5メートル程の細長く削平された感じになっています。
何となくですが、ここは郭の跡のような気がします。
・・・だって、情報ゼロなんですからあせる
ここを竹を掻き分け、倒れた竹を避けながら右に進みます。

【写9】茶臼山城

すると、今度は岩剥き出しの斜面が現れます。
ここを真っすぐ登ってもいいのですが・・・
※私は真っすぐ登ってしまいましたw
この左脇に、岩をスルーするような通り道っぽいのがあります。
そちらの方が登りやすいです。
・・・と、上から下りる時に見付けましたあせる

【写10】茶臼山城

岩剥き出しの斜面を登り切った所です。
何となく郭っぽく見えますよね?
多分ですが、主郭です。

【写11】茶臼山城

一番高い所を目指して進みます。
主郭?とは思いますが、削平はかなり甘く、平らにはなっていません。
長い年月の間、風雨にさらされて角が取れたのか、自然のままなのか・・・
多分城跡なのだとは思いますが、ザッ見た感じはこれだけです。
たまにはワイルドな探検ごっこっぽいのも、悪くありませんよね?


◆歴史◆

不明w

全く情報が見つからず、わかりません。
造りが古いので、室町時代初期のお城と思われます。
その頃の周辺の状況をわかる範囲で書くと、

北:溝辺城(溝辺氏)
西:加治木城(加治木氏)
南東:上井城(諏訪氏=のちの上井氏)

です。

周辺には小規模土豪が点在していたんですね。
国道を挟んですぐ北には、日当山城がありました。
こちらは登城を試みたものの、全く別の山に・・・あせる
ググってみると、辛うじて情報ありました。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
『三国名勝図会』の「大隅国・桑原郡 日当山郷・踊郷」をかいつまむと・・・

島津貞久の頃(1318年に薩摩守護職を継ぎ、1363年没)は、中津川勘左衛門が居た
天文のはじめ(1532年~)には本田薫親が支配
1548年に北原兼守が攻略
同年、島津貴久が伊集院忠朗に攻めさせ北原方の兵100人余りを討つ
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
という感じです。
ちょっと背景なども書き加えると・・・背後関係や理由やら気になりますよね?

最初の中津川勘左衛門はサッパリわかりません。
点在していた土豪の一人、という事でしょう。

本田薫親は、薩摩守護・島津勝久(薩州家)の家老・本田兼親の子です。
曽於郡の清水城を本拠とし、あちこちに領地を持っていました。

北原兼守は島津貴久と対立する日向の勢力です。
1548年に日当山城を奪いましたが、島津軍に追い払われたという事でしょう。
北原兼守が日当山城を攻めたのは、本田氏の内紛を見ての事と思われます。

同年、本田薫親が同族・本田実親の姫木城を攻めました。
これが島津貴久の怒りを買い、本田薫親は日向へ追放されました。


茶臼山城では何も出て来ませんでしたが、すぐ隣のお城でちょっと出てきました。
隣り合わせのお城どうしで何十年も争った例もありますが・・・
日当山の南西山麓を左右から2つの城で塞いでるので、大体同じかと思います。


所在地:鹿児島県霧島市隼人町東郷

なぽのホームページ/鹿児島県を表示
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

なぽさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。