なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
大沢城は道の駅のすぐ脇にあります。
訪問日は2014年3月21日です。



「道の駅のすぐ脇」と書きましたが、地図に「道の駅」って書いてないんですよねあせる
ってことで、最近マイブームなGoogle Mapのストビュー貼ります。
西から見た所で、正面の電柱の真後ろにある小さな丘が城跡です。
左手前はかなり広い駐車場なので、それと知っていればすんなり辿り着けます。

【写1】大沢城

道の駅に停めたら、まず最初にこの神社を探しましょう。
この神社の裏が登城口となっています。
神社は道の駅に入ったらとにかく奥へ進み、川の手前で右へ進むとあります。
建物の陰になっているので、ちょっと見つけづらいかもしれません。

【写2】大沢城

神社の裏側に回り込むと、山中へ上がる階段があります。
この階段、一直線に山上へ向かう訳ではないうえ、木々や草に埋もれかけています。

【写3】大沢城

しかも、階段は頂上まで続いておらず、途中の曲輪までしかありません。
階段の終点には、ミツバチの巣箱が並んで置いてありました。

【写4】大沢城

ここからは、小規模ながら山城っぽさが楽しめます。
草木で覆われた中から、城跡への道を感じながら進みますので♪
一歩間違えると遭難しますけどwww
この写真には道が写っていますが、見えますでしょうか?

【写6】大沢城

まだ登り切らない内に、なぜか土塁が!
・・・なんて思ってさっき余湖さんの図を拝見すると、その脇に堀切があせる
まぁ、堀切大好きな私が見落とす位、草木に埋もれていたという事でしょう。

【写7】大沢城

短いながら本格的な山道を登り切る手前が、こんな感じになっています。
いかにもこれから城内に入る感じの虎口ですね!

【写8】大沢城

山道を登り切ると、平らな場所に出ました。
ここが主郭です。
放置された山城に登って困るのが、こんな写真しか撮れないこと。
いつもながら、草と木しか写っていませんw

【写9】大沢城

それでも、何とか成果を得ようとウロウロ。
土塁見付けましたヾ(*´∀`*)ノ


◆歴史◆

歴史不詳です

築城年はおろか、城主さえサッパリわからないお城です。
その割に南北を川で挟まれ、小高い独立丘陵にあり、堀や土塁などがしっかりしています。
・・・ということで、領主様の居城というより、陣が置かれた陣城だったような気がします。

大沢城は、地理的には伊豆西海岸と下田をつなぐ松崎街道沿いにあります。
伊豆で騒乱があったのは、北条早雲が伊豆に侵攻した時と、豊臣秀吉が攻めた時くらい。
後者は主に海での戦だったので、前者の頃のお城っぽい感じがします。

前者の頃、伊豆西海岸には高橋氏や富永氏など、早々に北条方となった土豪が居ました。
一方、松崎街道の東には、北条早雲に最後まで抵抗した関戸吉信の深根城がありました。

北条早雲が伊豆に侵攻したのは1493年ですが、それから5年掛けてようやく下田に至ります。
高橋高種が関戸吉信を押さえ込む間に、北条早雲がじわじわと南下。
それまでの間、高橋方の最前線の砦だったのかもしれませんね!

1498年、北条早雲が深根城を攻めた際、この松崎街道を通ったと伝わります。
茶々丸の最期には諸説ありますが、深根城の攻防で自害したとする説があります。
北条早雲の伊豆攻略完了とともに、松崎城も役割を終えたのかもしれません。


所在地:静岡県加茂郡松崎町大沢

なぽのホームページ/静岡県を表示
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

なぽさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。