なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
仁田館は北側の堀と土塁が残っています。
訪問日は2014年9月20日です。

【写1】仁田館

仁田館は仁田忠常の館で、現在でも子孫の方が暮らしているそうです。
・・・平安時代からずっと、というのがとても凄いですね!!
ということで館は現役なので、一般に見ることが出来るのはその外側です。
目指すはお隣の慶音寺です。

【写2】仁田館

門をくぐると、向かって右側にこのお堂があります。
こちら側にクルマを停めるようになっていますが、仁田館はこの裏側です。

【写3】仁田館

上のお堂からさらに奥に進むと、木の立て札がありました。
何かあるな~で書かれた文を読むと、仁田館の説明板でした。
一番最後にはご子孫様と思しきお名前が書かれています。

【写4】仁田館

その文章は「この堀は~」で始まります。
これ読むまで気付きませんでしたあせる
ということで、「この堀」です。
木々雑草が茂っていたので中々気付きませんでしたが、確かに一直線に窪んでいます。
そして後からまた気付いたのですが・・・
その向こう側、土塁ですw
Google Mapの航空写真で見た感じでは、北側と西側の一部が残った感じがします。
すぐ南側を川が流れていますが、元々の流路ではなさそうです。
北側の一辺が完全に残っているとすると、全体の2/3は削られてしまったようです。


◆歴史◆

仁田氏の館です。

仁田氏は『東鑑』や『平家物語』に仁田忠常が登場します。
これらは平安時代に書かれたものです。

仁田忠常は剛勇の武士で、源頼朝には挙兵の時から従った人物です。
平家との戦では源範頼の陣中にあって活躍し、奥州でも功を挙げました。
1187年に病に倒れた際は源頼朝自ら見舞いに訪ねており、とても信頼されていました。

源頼朝亡き後はその子で2代将軍・源頼家に仕えました。
源頼家は1202年に父の死により家督を継ぎ、将軍となりました。
すると、それまでの合議の慣習を破って、独裁政治を志向するようになりました。
母・北条政子とも仲が悪かったようで・・・

翌1203年、源頼家が病に倒れると、北条氏側が先手を打ちました。
源頼家は病死したと都の朝廷に使者を送っています。
また、北条氏と対立していた源頼家の乳母父・比企能員の一族を滅ぼしました。
仁田忠常は北条時政に命じられて、比企一族討伐に参加しています。

この北条時政がまた超の付くクセ者です。
比企一族討伐の恩賞が与えられることとなり、仁田忠常は北条時政の館を訪ねました。
しかし、この時に仁田忠常の弟らの帰宅がかなり遅かったようで・・・
この動きが不穏だと謀反の疑いをかけられ、仁田忠常は粛清されました。

北条時政は後に、病から回復した源頼家を修善寺に幽閉して殺害。
さらに幕府建立の功臣らを粛清し、やがて鎌倉幕府のドンとなって行きます。


所在地:静岡県田方郡函南町仁田

なぽのホームページ/静岡県を表示
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

なぽさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。