なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
沼津城は三枚橋城の跡に築かれていました。
訪問日は2014年9月20日です。

【写1】沼津城

沼津城・三枚橋城の本丸だった場所は、現在中央公園となっています。
沼津市街の超一等地だと思いますが、随分思い切った事をしますね合格

【写2】沼津城

まず、この公園には城址碑がありますヾ(*´∀`*)ノ

【写3】沼津城

更には図の入った説明碑もありますヾ(*´∀`*)ノ

【写4】沼津城

そしてパクリますヾ(*´∀`*)ノ
こうして図を見るだけで、跡形も無いんだなって思い知らされます。

【写5】沼津城

だって、すぐ目の前はこんな大きな交差点ですからw

【写6】沼津城

それでも、わずかにお城だった名残を見出すことができます。
まずは、中央公園前の交差点を左へ曲がります。
そこにある静岡銀行沼津支店には、三枚橋城のものとされる石垣が復元されています。

【写7】沼津城

さらにそのまま100メートル程先の沼津リバーサイドホテル前にもあります。
こちらは図を重ねると完全に城外なのですが、どうなんでしょう?

【写8】沼津城

あと、沼津城の移築門が1つだけ残っていました!
光長院辻之坊の山門(地図)です。
これは中の門の1つだったとされます。
訪問時は修繕していますが、門本体をいじってる訳ではなさそうですあせる
きっと業者さんは、そんな事知らずに工事してるんですよね・・・。


◆歴史(三枚橋城)◆

1579年、武田勝頼により築かれました。

越後であった御舘の乱により、武田勝頼と北条氏政が敵対することとなりました。
そのため、武田勝頼が北条軍の侵攻に備えて新たに城を築きました。
越後との境を守っていた海津城主・春日信達が城代となりました。

1582年、徳川家康の城となりました。

織田信長が武田勝頼を攻めた際、徳川家康は駿河に攻め込みました。
この時に北条軍も連動し、近隣にあった武田方の戸倉城が陥落しました。
三枚橋城では城兵が動揺したため、春日信達は海津城へ撤退。
残った小笠原信嶺は降伏し、領地(信濃国松尾)が安堵されました。
三枚橋城には徳川家康の家臣・松平忠次が入りました。

1590年、中村一栄が城主となりました。

徳川家康が関東へ移った後、駿河には豊臣家臣の中村一氏が入りました。
三枚橋城にはその弟・中村一栄が3万石の城主として入りました。

1600年、大久保忠佐が城主となります。

関ケ原の戦の後、中村一氏の子・一忠が伯耆国へ加増移封しました。
代わりに徳川家康の家臣・大久保忠佐が三枚橋城に入りました。
大久保忠佐の子は早世しており、末弟に家督を譲ろうとしたそうです。
しかし、その末弟が自分の功ではないと固辞。
結局、1613年に跡継ぎが無いまま大久保忠佐が没し、そのまま廃城となりました。


◆歴史(沼津城)◆

1777年、水野忠友が三枚橋城跡に城を築きました。

水野忠友は信濃佐久郡7000石の旗本・水野忠穀の子です。
父の死により12歳で家督を継ぎ、徳川家治の小姓となりました。
その後はトントン拍子で出世し、ついには大名に復活。

さらに加増を受け、1777年に沼津2万石に移って来ました。
この時、三枚橋城跡の北半分に新たな城を築きました。
これが沼津城です。

水野忠友は田沼意次の政策に賛同し支えていましたが・・・
将軍・徳川家治の死去により1786年に失脚しています。
しかし、その10年後に再び老中に復活し、子の代には田沼意正の相良復帰を助けています。
沼津藩の水野家は8代続き、明治時代を迎えました。

1868年、沼津兵学校となりました。

徳川家達の駿河移封に伴い、沼津藩主・水野忠敬は上総菊間藩に移封となりました。
城跡は沼津兵学校として使われましたが、1871年に廃校。
廃校後に城跡は払い下げられ、建物は破却されました。
その後、堀が埋められるなどして市街地として開発され、現在に至ります。


所在地:静岡県沼津市大手町

なぽのホームページ/静岡県を表示
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

なぽさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。