なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
江尻城は遺構が全くありません。
訪問日は2014年9月14日です。

【写1】江尻城

遺構は全く無いのですが、名前はメジャーなので訪ねてみました。
すると、あちこちに説明板がありました。
この図は巴川沿いの⑤にあるものをパクッています(`・ω・´)

【写2】江尻城

最初に訪ねたのは、①の魚町稲荷神社です。
写真の真ん中に、白い説明板があります。
図では堀の外側にありますが、穴山梅雪が城の鎮護として建てた神社なのだそうです。

【写3】江尻城

神社には大きなサッカーボールのモニュメントが!
流石はサッカーの街・清水です。
元清水市民としては「清水」の名前が残ってホッとしています。
ココにはリーグ戦開幕前に、清水エスパルスが必勝祈願をすることで有名です。
すぐ隣の江尻小学校は、少年サッカー発祥の地だそうで・・・
止まらなくなりそうなので、今宵はここまでにw

【写4】江尻城

次は江尻小学校です。
現在は頭に清水が付いて、清水江尻小学校です。
道端に②の大きな説明板がありますが、ここら辺が本丸でした。
そりゃぁ、これくらい無いとバチが当たりますよね!

【写5】江尻城

そのまま進むと小学校の正門がありますが、そこには「本丸門」とあります。
ちゃんとお城を意識しているんですね!
・・・贅沢言えば、お城風の外観にして欲しかったw

【写6】江尻城

同じ道をもうちょっと進み、③の所に二の丸町の説明板があります。
名前の由来は・・・わかりますよね?w
かつては江尻小学校の校舎の南西にお城の石垣が残ってた、なんて書かれています。
・・・今はもう無いよ!と、遠回しに言ってるんですねあせる

【写7】江尻城

次はもう1つのサッカー神社である④の小芝八幡宮です。
当日は気付いていませんが、サッカー絵馬が鳥居の陰に写っています。
ここには、サッカーのお守りもあります。

【写8】江尻城

こちらにも、境内に図の入った説明板があります。

【写9】江尻城

最後に⑤の巴川沿いのヤツです。
場所がわかりにくいので、印をつけておきました。
お城が巴川沿いにあったから、せめて堀の名残はあるかな?と思いましたが・・・
綺麗に整備されて流路も変わっており、残念ながら城の面影はありません。

【写10】江尻城

ここの図には、現在の地図とお城の縄張りがわかりやすく描かれています。
どこら辺がどうだったのか、遺構が全く無いと想像もつきませんからね。
訪ねてみると、意外に色々見つかって良かったです合格


◆歴史◆

1569年、武田信玄により築かれました。

今川氏真から駿河を奪った武田信玄が、新たな駿河の拠点として城を築きました。
駿府にあった今川館はアッサリ陥落しており、いかにも守りが手薄だと感じたのでしょうね。
縄張りは築城の名手・馬場信房が行い、山県昌景が城代となりました。
これだけ見ても、武田信玄の意気込みが感じられます。

1575年、穴山梅雪が城代となりました。

長篠の戦で山県昌景が討死したため、穴山梅雪が城代となりました。
穴山梅雪は武田信玄の姉を母に持ち、正室は武田信玄の娘でした。
武田家とはかなり近い関係にありました。
ただ、長篠の戦では戦闘を行った形跡が無いそうで・・・
海津城を守っていた高坂昌信は、武田勝頼に穴山梅雪の切腹を進言したそうです。
却下されましたけどw

新たに城代となった穴山梅雪は、江尻城に大改修を加えました。
高層の楼閣を築き「観国楼」と名付けたそうです。
この時に江尻の城下町も整備し、本格的なお城にしました。
これは、長篠の戦以降攻勢を強める徳川家康への備えだったと思われます。

1582年、徳川家康が駿河に攻め込みました。

織田信長による武田勝頼討伐と連動し、徳川家康が駿河に攻め込みました。
朝比奈信置など抵抗する武田家臣も居ましたが・・・
穴山梅雪は大した抵抗もすることなく降伏し、江尻城を徳川軍に明け渡しました。
その3か月後、徳川家康とともに堺に居ましたが、この時に本能寺の変が起こりました。
急いで領国へ帰ることとなり、徳川家康とともに行動しました。
しかし、途中から別行動をとった結果、途上で一揆に襲われ落命しました。
嫡男の穴山勝千代は2年前に家督を継いでいましたが、この時まだ10歳の子供でした。

1587年、穴山勝千代が病死しました。

徳川家康は、幼い穴山勝千代の補佐として岡部正綱を送りました。
江尻城には本多重次、松平家忠、天野康景らを派遣し、甲斐国河内領は菅沼定政が守りました。
穴山家の領国経営や軍事は、徳川家康の家臣により取り仕切られました。
そうした中で、穴山勝千代が疱瘡により没しました。
享年16です。
穴山家はこれにより断絶しました。
徳川家康は5男・福松丸に名跡を継がせ、以後武田信吉と名乗らせました。

1590年、中村一氏が駿河の主となりました。

徳川家康が関東に移され、駿河には豊臣秀吉の家臣・中村一氏が入りました。
江尻城には城番としてその重臣・横田隼人が入りました。

1601年、廃城となりました。

関ケ原の戦の後、駿府には内藤信成が入りました。
内藤信成は徳川家康の譜代家臣で、家康の異母弟かもしれない人物です。
この時に江尻城は必要ないと判断されたのでしょうか、廃城となりました。


所在地:静岡市清水区二の丸町

なぽのホームページ/静岡県を表示
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

なぽさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。