なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
横地城は山上に長く伸びるお城でした。
訪問日は2014年9月13日です。

【写1】横地城

横地城への案内です。
方向音痴にはとてもありがたいです合格
ほぼ直線の道なので、たぶん見落とすことはない、かもしれません。

【写2】横地城

上の案内の所からちょっと進むと、今度は左折するよう案内が出ています。
案内は最初だけで、あとは何も無い所がけっこうあったりするので、とても助かりますね合格合格

【写3】横地城

案内の所から見たお城の方向です。
いよいよ山に入って行く感じです。

【写4】横地城

上の写真にも写っていますが、山に入る直前に案内図があります。
もちろん、パクリますw
細い山上を使った城だというのがわかります。

【写6】横地城

目指すのはもちろん、堀切のある所です。
ということで、山上に上がったらひたすら東へ進みました。
私はバイクだしどこでも停められるかな?ということで、乗ったまま。
道は舗装されているので、安心して進めました。
途中ショッキングな標柱があります。
この写真載せてつぶやいたら「なぽ子になった!」なんて言われましたが・・・あせる
由来の書かれた説明板がありますので、現地で是非確認して下さい(*`艸´)

【写7】横地城

舗装道の終点がココです。
上の案内図で主郭が書かれていませんでしたが、どうやらここが主郭のようです。
「東の城」に当たる場所でしょうか・・・?

【写9】横地城

「金寿城」へ登る時、左側に綺麗に仕切られた空堀と曲輪が見えます。
特に何もないのが丸見えなので行きませんでしたが、とても整っていました^^

【写10】横地城

さらに、登る道から金寿城を見ると、こんな感じで段々が見えました。
こういう風景って、お城らしくていいですね恋の矢

【写11】横地城

登り切った所は削平された曲輪があり、真ん中に城址碑があります。
やはりここが主郭でしょうか。

【写12】横地城

見る物は見たしもういいや、で帰り掛けましたが・・・
こういうのが出てくると、やっぱりまだ、となるのが城キチです。

【写13】横地城

道端にこんもりと土が盛られた感じの所があり、そこに標柱が立っています。
登ってみましたが、特に何もありませんでしたあせる

【写14】横地城

なぁんだとまた帰ろうとすると、今度はもっと色々並んでいました。
ここでもやっぱり停まってしまうのは仕方ないですよね?

【写15】横地城

ここにも図がありますが、さっき見てきた東曲輪と同じ位に西曲輪が立派に描かれています。
もしかしたらこっちにも何かあるかも?

【写16】横地城

こちらは横地神社があるので、曲輪の上まで一直線に階段が伸びています。
本来の登り道がどうなっているのか気になりつつ、誘惑には勝てません。

【写17】横地城

社殿が見えてきてもうすぐという所で、横堀と土塁がありました。
腰曲輪かもしれませんが、同じようなもんですよね?

【写18】横地城

そして、西曲輪の一番上にある神社です。
両脇がイイ感じの斜面になっていて、一番高い所感がすごくします!
もしかしたらこっちが主郭?などとも思えてきました。
どうなんでしょうか?


◆歴史◆

横地氏のお城でした。

横地氏は、源義家の庶長子・横地家永を祖とします。
1051年、陸奥の安倍頼良討伐に向かった源頼義が、長雨で遠江国見付に20日程留まりました。
その時、源頼義の嫡男・源義家が相良荘司・藤原維頼の娘を寵愛し、子が出来ました。
この子が横地家永で、横地に居を構えたそうです。
それが横地城だったかどうかは?ですが・・・
横地家永の嫡男・頼長が横地家を継ぎ、次男は勝間田次郎を名乗りました。
以後、両家は常に行動をともにするようになりました。

築城は室町時代はじめ頃とされます。

南北朝時代に10代・横地家長が城を築いたとされます。
以後、14代・横地秀国の代に滅ぼされるまで、横地氏の本拠地でした。

1476年、今川義忠に攻められ落城しました。

斯波義良(後の義寛)と今川義忠が、遠江守護の座を巡り争っていました。
この辺りはややこしいのでザックリ書くと・・・

1468年、応仁の乱勃発時、斯波家の家督を巡りって斯波義敏と斯波義廉が争っていた
1474年、今川義忠(東軍)が遠江で斯波義廉(西軍)の家臣・狩野氏を滅ぼす
1475年、斯波義廉(西軍)の家臣だった甲斐敏光が寝返り、斯波義良(東軍)が遠江守護になる

今川家の敵だった遠江が、守護代の甲斐敏光が寝返ることにより同じ東軍となりました。
斯波家中では家督争いがあり、片方が西軍なら、他方は東軍ですからねあせる
しかし、それでも構わず今川義忠は遠江への侵攻を続けました。

横地氏と勝間田氏はこの動きを警戒し、見付(国府のあった所)を奪って警戒しました。
この見付に居たのが堀越氏でしたが、今川了俊の子孫で、遠江今川氏でした。
知らなかったハズ無いんですけどね。

今川義忠はまずは勝間田城を陥落させ、そして横地城も攻め落としました。
勝間田氏は没落し、横地秀国は討ち取られました。
横地秀国の子・元国は甲斐の武田信虎を頼って落ち延びました。
尚、この戦の後、横地氏と勝間田氏の残党により今川義忠が討ち取られました。
これにより、遠江ではしばらくの間、斯波氏が優位に立ったのでした。


所在地:静岡県菊川市東横地

なぽのホームページ/静岡県を表示
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

なぽさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。