なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
飯田城は飯田荘の地頭・山内氏の居城でした。
訪問日は2014年9月13日です。

【写】飯田城①

飯田城への道はGoogle Mapにも表示されていますが、現地ではちょっとわかりづらいです。
クルマでナビがある方なら大丈夫だと思いますが・・・
私はバイクで事前に印刷した地図を見ながら来る、なんてアナログちゃんにはちと辛いです。
ということで、そのわかりづらい道の入口はココですw
住宅街から山に通じる細い道です。

【写】飯田城②

この道は農道のようで、いつ舗装が終わるんだろう?と恐れオノノキながら走りました。
オンロードのバイクにとっては、未舗装の砂利道は天敵なので。
あと、急に傾斜がキツクなったりするのも怖いのですが、ここではそれはありませんでした。

【写】飯田城③

やがて農道はT字路に差し掛かり、舗装道は左へと続きます。
この交差点に飯田城の案内があり、右脇にクルマが2、3台停められそうなスペースがあります。

【写】飯田城④

T字路の所から見た城跡です。
大きな看板が出ており、城跡が近いことがわかります。
T字路から城跡方向は砂利道だったので、バイクをココに停めて歩きました。

【写】飯田城⑤

先ほど見えた看板をすぐ近くから撮りました。
砂利道が先ほどのT字路から続いており、クルマの方はここまで乗って来れます。

【写】飯田城⑥

早速ですが、城跡にあった案内図をパクリました。
気合が入り、かつ、とてもわかりやすい図です。
あまりにリアル過ぎると、却ってどこが何なのかわからなかったりしますからね^^

【写】飯田城⑦改

図を見て「古城」があることを知り、そっち方向を撮りました。
赤いバイクが小さく写っていますが、その背後辺りでしょうか。

【写】飯田城⑧

早速本曲輪に上がってみました。
高い壁のような土塁にどうしても目が行きます。
土塁のようではありますが、図では「物見曲輪」と書かれていました。
土を盛ったのではなく、本曲輪を削平する際にわざと削らずに残したのでしょうか。
往時の土木工事の様子を想像せずにはいられません。

【写】飯田城⑨

城キチの性分なのでしょうか、高い所があると足が自然に動いてしまいます。
でも、城キチはそれでいいんです!
登った所にこんな立派な城址碑がありましたヾ(*´∀`*)ノ
もはや本能レベルで嗅ぎ付けたという感じですあせる

【写】飯田城⑩

高い所に登ると、下を見下ろさずにはおれません。
見下ろしたからって、偉くなる訳ではないんですけどねあせる
図と現風景を照らし合わせると、草っ原の真ん中の線みたいな所が曲輪の境目でしょうか。
その先にある小高い土の壁が南土塁です。
写真は載せていませんが、草深い南土塁にもよじ登ったのはここだけの秘密ですw

こうして見ると、二の曲輪の右側にも土塁があります。
そして、南土塁とその土塁の間が大手口です。
こうして見ると、二の曲輪はそのまま巨大な枡形虎口のようにも見えて来ます。

【写】飯田城⑪

その虎口がココです。
とても狭い上、その先が急な坂になっているのが見えます。
私が登って来た道の方が坂が緩かったのですが、昔は無かったのでしょうか。
もしそっちの道があったら、そちらこそ守備の要になりますからね。

【写】飯田城⑫

虎口を外から見た所です。
「坂土橋城虎口」と書かれています。
初めて見る呼び方ですが、素直に解釈すると「になっている土橋のような虎口」ですね!
文字から想像せずに、現実の姿を見た方がよっぽど早い気がしなくもありませんけどあせる


◆歴史◆

飯田荘の地頭・山内氏の城でした。

山内氏は備後国が本拠ですが、鎌倉時代に飯田荘に所領を得て一族が移って来ました。
鎌倉幕府は有力御家人が力を持ち過ぎないよう、所領を分散して与えたんですね。
初めに本拠としたのが天方のようで、後に飯田に移って来たのだとか。
当主の山内対馬守が飯田に居城を移し、天方には弟の山城守が入ったのだそうです。
その時期は1400年頃だと考えられています。

1569年、徳川家康に攻められ落城しました。

この年の3月に徳川軍が掛川城を降し、今川氏真は領地を失いました。
しかし、飯田城の山内氏や天方城の天方氏は、その後も抵抗を続けていました。
6月には天方城が陥落し、山内氏の同族・天方通興は徳川家康の家臣となっていました。
その後も飯田城は徳川軍に抵抗を続け、12月に落城しました。
城主・山内通泰は討死しましたが、その一子・伊織は三河国広瀬村に落ち延びました。

廃城時期はわからず・・・

現地の説明板では、その後のお城については何も書かれていません。
ググって出て来るサイト様では、武田軍が奪い、後に徳川軍が奪還したと書かれています。
しかし、城番が誰なのかもわからず、廃城時期についても書かれていません。
天方通興が徳川家臣になっていますが、降伏したので飯田城を与えられたとも思えず。
徳川家康が直轄地とした後、関東に移る際に次の国主に引き渡されたのでしょうか。
大手口の麓に「鈴木彦兵衛屋敷」というのがあるので、代官支配になったのかもしれませんね。


所在地:静岡県周智郡森町上飯田

なぽのホームページ/静岡県を表示
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

なぽさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。