なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
犬居城は遠州天野氏の本拠でした。
訪問日は2015年1月10日です。

【写】犬居城①

犬居城へ行くときに、ちょっと道に迷いました。
事前に地図を見た時は、国道から左折すれば良いと思っていましたが・・・
その道は国道とは交わらず、国道の上を跨いでいたのでした。
ということで、春野の町をウロウロしてここに辿り着きました。

【写】犬居城②

私は東から入って角の木の標柱を見つけたのですが・・・
反対側から見ると、こんな立派な標識がありました。
国道には案内が無いので、ゼッタイ迷いますよね?
ということで、下の地図は国道の交差点からお城までの道にラインを入れました。
これで迷える城キチが1人でも減りますように(-人-)

【写】犬居城③

犬居城への道が国道を跨ぐと、一気に山道という感じになります。
茶畑の脇を進んでいると左に入る道があり、そこに犬居城の案内が出ていました。

【写】犬居城④

【写】犬居城⑤

ここからは徒歩ですが、早速道が分かれています。
城キチなら迷わず高い方へ!

【写】犬居城⑥

綺麗に整備された道を登ること12分で、何やら土を盛った所に出ました。
ここから城内です。

【写】犬居城⑦

目隠しのように盛られた土の壁を回り込むと、三日月堀がクッキリ!
どうやら武田流の馬出しのようです。
綺麗に残っていますヾ(*´∀`*)ノ

【写】犬居城⑧

馬出しの脇にある虎口から入ると、今度は直角に曲がる虎口があります。
城内への入口は、とても厳重に造られています。
そこから中へ入ってしまうと、こんどは拍子抜けする位に平坦な道が続きます。
内部がアスレチックである必要はありませんからね・・・w
ちょっとわかりづらいかもしれませんが、左側の高い方が主郭、右側が二郭だそうです。

【写】犬居城⑨

さらに奥へ進むと、正面に妖しげな建物が見えて来ました。
山上にある展望台です。
左脇にちょこんとある白い標柱には「犬居城跡」と書かれています。
足元が朽ちてだいぶ細くなっていたので、あと数年で倒れてしまいそうですあせる

【写】犬居城⑩

展望台です。
裏から見るとちょっと間抜けな感じがしますが・・・
ここにお手製の説明板が何枚もあります。

【写】犬居城⑪

そして、城内の案内図もここにあります。
入口にあると便利なのですが・・・w
登城路から入ってココまでは、図の左から右へと進みます。
図でもわかる通り、ここが城内の一番奥です。

【写】犬居城⑫

で、高い所にふらっと登る本能を発揮して、お約束の光景です。
町がよく見渡せます合格

【写】犬居城⑬

図では展望台の奥に、大好物の「堀切」が描かれていました。
これはゼッタイ外せない!
ということで、上から見た「堀切」です。
いつも見ているのとは雰囲気が違うのは、自然地形っぽいからでしょうか。

【写】犬居城⑭

それを確かめるべく下りて見ました。
特に人工的に掘り下げた様子はありませんが、役割的にそうなのでしょう。
城内の方を見上げるとこんな感じで、かなりの急斜面です。


◆歴史◆

遠州天野氏の本拠でした。

天野氏は藤原南家工藤氏の一族で、伊豆国田方郡天野郷の地名がルーツです。
鎌倉時代にあった承久の乱で活躍し、全国各地に所領を得ました。
ただ、領地には代官を派遣しており、実際に各地へ赴くのは室町時代に入ってからです。

遠江国周智郡山香荘には、天野経顕がやって来ました。
天野経顕がどこに城を築いたのかは?ですが・・・

犬居城を築いたのは、天野経顕の曾孫・景政だそうです。
同年代に近い一族が秋葉城を築き、南北朝に分かれて争ったそうです。
秋葉城ってどこだろう?と調べたら、犬居城の南西約1kmでした。
いくら何でも近過ぎないかと思いましたが・・・
文章を読んでいると、それぞれ北朝・南朝を行ったり来たりです。
あまりにややこしいので図を起こそうとしましたが、複雑過ぎて断念しました。
ということで、その時々の状況に応じて柔軟に対応した、ということにしておきますあせる

1563年、今川氏真に攻められました。

惣領家の天野景泰・元景が松平家康に寝返りました。
そのため、今川氏真が軍勢を送り、天野父子は三河へ逃れました。
犬居城には笹ヶ嶺城主の天野景貫が入り、天野氏の惣領となりました。
尚、この戦で井伊直平が陣中で急死しています。

1569年頃、天野藤秀・景貫父子は徳川家康の家臣となりました。

徳川家康が掛川城に籠もる今川氏真を包囲する中、天野景貫は徳川家康に従いました。
徳川軍による遠江侵攻に協力したそうですが、、実は武田家臣となっていました。
1572年、天野景貫は青崩峠まで武田信玄を出迎え、犬居城を差し出しました。
現在見られる犬居城は、この時に改修されたそうです。

1574年、徳川軍を撃退しました。

武田信玄の死が確実となり、徳川家康は武田方の城を攻めました。
犬居城へは自ら軍勢を率い、対岸の瑞雲院に陣を敷きました。
しかし、折からの大雨で気田川が増水して渡河出来ないまま、月日だけが過ぎました。
そうこうする内に兵糧が尽きたため、徳川軍は撤退しました。
この動きを察知した天野藤秀・景貫父子は、全軍を挙げて徳川軍を追撃しました。

1576年、廃城となりました。

長篠の戦で武田軍を壊滅させた徳川家康は、年明け早々天野氏を攻めました。
今度は雨の少ない真冬を選び、支城を個別に落として犬居城を孤立させました。
樽山城の落城でこの動きを察した天野藤秀・景貫父子は、信濃に通じる勝坂城に移動。
ここで徳川軍に敗れて甲斐へ落ち延びました。
徳川家康は樽山城に城番を置き、犬居城は廃城になったようです。


所在地:静岡県浜松市天竜区春野町堀之内

なぽのホームページ/静岡県を表示
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

なぽさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。