なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
鶴ヶ城は、三河との国境スレスレの所にある山城でした。
訪問日は2014年8月6日です。

【写】鶴ヶ城①

鶴ヶ城へ行くには、愛知県から県境を越えて行きます。
私も奥三河へ行く途中に立ち寄った感じです。
国道151号から県道9号に入り、写真の斜め左に入って行く道が登城路です。
小さくて見えないのですが、道の分岐の所に「←鶴ヶ城跡」の案内があります。

【写】鶴ヶ城②

この道はそんなに長く走らないのですが、バイクが苦手な砂利道です。
幅の狭い林道なので、クルマを停める所も無し。
400m程なので、林道に入る前にどこかに停めておくのが良さそうです。

【写】鶴ヶ城③

城跡の入口には、ちゃんと案内が出ていました。
これなら迷わずに辿り着けそうです合格

【写】鶴ヶ城④

林道から脇道に入る所は、こんな感じでかなり長い土橋になっています。
さらにその先は、派手に削った切通しです。
人の手入ってる♪感じがイイですね!

【写】鶴ヶ城⑤

しばらくはまっすぐに平坦な道が続きます。

【写】鶴ヶ城⑥

しかし、二度目の土橋を渡ると、一転して山道を登ります。

【写】鶴ヶ城⑦

かなりいい感じの傾斜ですw

【写】鶴ヶ城⑧

そんなに長くない?山道を登ると、あちこちに白い札が現れます。
いよいよ城の中心部分に到達です!

【写】鶴ヶ城⑨

戦国時代の山城ですから、竪堀、横堀に土橋と色々ありますラブラブ

【写】鶴ヶ城⑩

そして辿り着いた主要部っぽい所が、「馬出曲輪」でした。
主郭じゃない?なんて思いましたが・・・
名前なんてどうでもイイ、かもヾ(*´∀`*)ノ

【写】鶴ヶ城⑪

と、山中深くで山城を堪能した、真夏の早朝でした恋の矢


◆歴史◆

1565年頃、鶴山大磯之丞が城主でした。

時期的には、徳川家康が三河を統一した頃です。
この辺り一帯は奥山氏の支配地域で、今川氏真に仕えていました。
徳川軍がいよいよこっちにも来るぞ!と、備えたものと思われます。
城主は鶴山大磯之丞の名が伝わります。
どのような人物なのかは?ですが、この城に入って名を改めたのかもしれません。

1568年、落城しました。

攻めて来たのは、すぐ西の別所城主・伊藤貞次です。
徳川家康の家臣として攻めて来たようです。
激しい攻防戦が繰り広げられ、城方が全滅する気配が濃厚となりました。
鶴山大磯之丞は城兵の助命を条件に降伏し、切腹して果てました。

その頃の奥山氏の状況

鶴山大磯之丞の主家・奥山家は、どの大名に従うかで分裂状態でした。
そんな中、次男・奥山定茂が兄・奥山貞益を攻め滅ぼしました。
さらに、奥山定茂は2人の弟達も攻め滅ぼし、奥山家中を掌握しました。
その奥山定茂は、武田信玄に仕える道を選びました。
しかし、武田家が滅びると徳川家康に追われ、信濃へ逃れたと伝わります。

鶴ヶ城を攻め落とした伊藤貞次も、3年後に武田信玄に鞍替えしました。
しかし、長篠の戦で武田軍が大敗すると、伊藤貞次は甲斐へ落ち延びました。


所在地:静岡県浜松市天竜区佐久間町浦川

なぽのホームページ/静岡県を表示
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

なぽさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。