なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
井伊谷城は井伊谷の町を見下ろす山上にありました。
訪問日は2014年8月7日です。

【写】井伊谷城①

登城路はいくつかあるようですが、やっぱり一番楽な道がイイ!
ということで、北側の八柱神社を目指しました。
道端にあるこんないわく有り気な石積み・・・

【写】井伊谷城②

ココが八柱神社です。
社殿が新しいです!
既に2年前ですがw

【写】井伊谷城③

この神社の近くから、城山公園への道があります。
綺麗に舗装されていますが、バイク駄目ですか・・・
ココは素直に歩きます。

【写】井伊谷城④

途中、こんな感じで虎口?堀切?みたいな地形にワクワク。
冷静に見れば、道を通すために重機で削っただけですけどあせる

【写】井伊谷城⑤

そんなこんなで頂上に近づいて来ました。
横切る道は犬走りでしょうか・・・?

【写】井伊谷城⑥

っと、言う間に開けた場所に出ました。
いきなりですが、ここが主郭のようです。

【写】井伊谷城⑦

土塁も堀切も見当たらず、そのままテッペンに着きましたが・・・
ここがかの有名な井伊谷城ということで、間違いないようです。
なんだかちょっと拍子抜けしました。

【写】井伊谷城⑧

主郭から一段さらに高い所に、なにやら標柱が立てられていました。
そこには「御所丸跡」と書かれていました。
「御所」ということは、天皇家か将軍かがココに居たの?ってちょっと不思議な気分に。
予備知識ゼロで来ちゃうと、こういう所でボロが出ます

【写】井伊谷城⑨

反対側の奥から見た所です。
御所丸が主郭よりも数段高い所にあるのがわかると思います。
・・・そりゃそうでしょうwww


◆歴史◆

井伊氏の祖・井伊共保が築いたとされます。

井伊共保は井伊谷に捨てられていた捨て子で、神社で拾われ育てられたと伝わっています。
成長するにつれて神童と評判になり、7歳の時に国司・藤原共資の養子となりました。
藤原共資の子は女児ばかりで、跡を継ぐ男子が居なかったためだそうです。
やがて成人になると、藤原共資は自らの娘と娶せて、養子に家督を継がせました。
家督を継いだ養子は、出身地である井伊谷に城を築き、井伊姓を名乗るようになりました。
それが1032年の事とされます。

井伊氏は南朝方として活躍しました。

後醍醐天皇と足利尊氏が対立し、室町時代初期は戦乱が続いていました。
足利尊氏は傀儡の北朝を樹立し、後醍醐天皇は吉野へ下ったため南朝と呼ばれました。
後醍醐天皇は自らの子を各地に派遣し、それぞれを南朝方の中心として武装蜂起させました。
井伊谷には第八皇子・宗良親王が送られ、井伊道政が井伊谷城に迎えました。
1337年、井伊一族は駿河・遠江守護の今川範国と戦っています。

1339年、後醍醐天皇は遠江で勢力のあった鴨江寺にも、武装蜂起の綸旨を下しました。
これを受け、足利尊氏は高師泰、高師兼、仁木義長らに南朝方の討伐を命令。
高師泰といえば、足利尊氏の右腕ですから主力投入です。
ということは、南朝方が優勢だったという事ですね。
井伊氏は千頭峯城や三嶽城、大平城などの山城に籠り抵抗しましたが・・・

1339年10月に千頭峯城、1340年2月に三嶽城、そして、1340年8月に大平城が陥落。
宗良親王は遠江から逃れ、遠江での南北朝両軍による戦が終わりました。
その後の井伊氏は、勝利した北朝方に帰順したと思われます。
(1370年に九州探題として任地に赴いた今川了俊の配下に、井伊氏の名があるそうです)

戦国時代、井伊氏はピンチでした。

遠江は今川氏の後、斯波氏が守護となりました。
幕府中枢での権力争いに連動しての事ですが・・・
今川氏は遠江の領有権を回復しようと、斯波氏と争うようになりました。
井伊氏はどうやら、というか、やっぱり斯波氏に味方したようです。
1513年に斯波義達が遠江に攻め込むと、井伊直平は大河内貞綱とともに斯波方となりました。
この時は三嶽城に籠りましたが今川軍に敗れ、井伊直平は以後今川氏親に仕えました。
こんな因縁があったせいか、今川氏は井伊氏にかなり厳しく接したようです。

1542年、今川氏親の三河攻めに従い、井伊直宗が討死
1544年、小野道高の讒言により、井伊直満、井伊直義が自刃
1560年、桶狭間の戦で井伊直盛が討死
1562年、小野道好の讒言により、井伊直親が殺害される
1563年、井伊直平(直宗、直満、直義らの父)が、今川氏真の犬居城攻めの最中に急死

・・・といった感じです。
今川氏による酷使と、家老・小野氏の讒言により、井伊氏は当主となる男子が絶えました。
井伊直親の子・虎松(後の井伊直政)はまだ幼子・・・
ということで、出家していた次郎法師が還俗し、井伊直虎と名を改め家督を継ぎました。
井伊直虎は井伊直盛の娘で、「女地頭」と呼ばれるようになりました。

1568年、井伊直虎が徳川家康の家臣となりました。

井伊直虎は、遠江へ進出を始めた徳川家康の家臣となりました。
背に腹は代えられない事情が重なった結果です。
この2年前、今川氏真が井伊谷一帯に徳政令を出しました。
当時の井伊氏は、地元の富裕層の支援を得ていました。
徳政令が実施されると、この富裕層が大打撃を受けます。
そのため、井伊直虎はこの徳政令の実施を止めていました。
しかし、借金帳消しで喜ぶ人たちも大勢居る訳で・・・
この動きを止めることが出来ず、井伊直虎は渋々徳政令を実施せざるを得ませんでした。

ここでまたまた登場するのが小野道好です。
小野道好は実力行使に出て、井伊谷城を奪いました。
徳川家康が遠江に進出し始めたのがこの頃です。
浜名湖の北西側一帯は、まだガチガチの今川家臣で固められている状況でした。
そこで、奥三河の家臣・菅沼定盈に、井伊谷城を追われた井伊谷三人衆を調略させました。
井伊谷三人衆は菅沼忠久・鈴木重時・近藤康用らです。
いずれも井伊家の重臣で、徳川家康の援軍を得て井伊谷城を取り戻しました。
小野道好は、井伊谷三人衆らの嘆願により、徳川家康により1570年に処刑されました。

1572年、武田軍に攻め落とされました。

遠江を巡って徳川家康と争っていた武田信玄が、本格的に徳川領への侵攻を始めました。
浜松城の脇を素通りした武田軍を追った徳川軍が、三方が原で惨敗しました。
その後、武田軍の山県昌景が井伊谷城を攻め、井伊直虎は降伏し開城しました。
翌年、武田信玄が世を去り武田軍が撤退するまで、井伊直虎は浜松城に居たそうです。

1575年、虎松(後の井伊直政)が徳川家康の小姓となりました。

徳川家康の小姓となった虎松は、万千代と名を改めました。
容姿端麗だったため、徳川家康には寵愛されたそうです。
あまりに寵愛されたため、譜代の家臣からはやっかみもあったそうで・・・
そんな環境からか、自分にも部下にも厳しくなったっぽいです。

1582年、井伊直政が元服し、家督を継ぎました。

これは井伊直虎が没したことによります。
万千代は22歳で元服し、名を井伊直政と改めました。
この年、天正壬午の乱で甲斐・信濃を巡って北条氏政や上杉景勝との戦いが続きました。
井伊直政に武田旧臣が多数配下に付けられ、赤備えの軍装に改めたのもこの時からです。
以後、井伊直政は「井伊の赤鬼」と呼ばれ、数多くの戦で活躍をしました。

1590年、廃城になったと思われます。

徳川家康の関東移封に従い、井伊直政は上野国箕輪へ移りました。
その後の井伊谷の様子がわからないのですが・・・
浜松に堀尾吉晴が12万石で入り、その領地は信濃国境にまで及んだとされます。
そのため、井伊谷も堀尾吉晴の領地に含まれていたハズですが・・・
井伊谷城が使われていたのかどうかは???ですあせる

その後

井伊谷三人衆・近藤康用の子・近藤秀用が、1619年に井伊谷1万5千石に帰って来ました。
井伊谷では井伊谷城の南東麓の井伊城跡に、陣屋を築きました。

井伊直政の厳し過ぎる性格について行けず、一時は浪人となりましたが・・・
1602年に井伊直政が没すると、徳川秀忠に登用されて上野国青柳5千石を与えられました。
その後、相模にも1万石の領地を与えられ、小田原城番を務めています。
大坂の陣でも戦功を挙げ、領地替えを願い出て井伊谷に帰って来たのでした。
その後、更に2千石を加増されたのですが・・・
子や一族に所領を分散し、近藤氏は大名から旗本に戻りました。
わざとかもしれませんけどw
近藤氏は金指や気賀、井伊谷の旗本として、明治時代まで続きました。


所在地:静岡県浜松市北区引佐町井伊谷

なぽのホームページ/静岡県を表示
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

なぽさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。