なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
刑部城は川沿いの小さな丘を利用したお城でした。
訪問日は2014年8月7日です。

【写】刑部城①

橋を渡り県道からちょっと入った所に神社があります。
ここが刑部城の跡です。
地形を利用した割に、傾斜が緩い感じがしますが・・・
敵を川の対岸に迎えることを想定しているのかもしれませんね。

【写】刑部城②

入口脇の空き地です。
家が立ち退いて次が決まっていないだけかと思いましたが・・・
隅っこに「館跡」と書かれた小さな案内が立っていました。
やはり、対岸の敵に備える造りだったようですね。

【写】刑部城③

最初から見えていましたが、城内に上がる所にある鳥居です。
やはりというか、神社の参道って斜面を一直線なんですよね。
・・・高低差が思った程ありませんけどあせる

【写】刑部城④

そう思っていたら、鳥居のすぐ左脇がこんな感じでしたラブラブ
地図で見た感じでは、等高線が川に沿って高い感じ。
川沿いの防波堤みたいな所なんですが・・・
堀切入れちゃうと、ここから上陸してこないか?と心配になります。
舌状台地の細い高地を区画するという意味ではアリなんですけどネ。

【写】刑部城⑤

せっかくなので、神社の社殿です。
近くで徳川家康がヤっちまってるので、その慰霊も兼ねているのでしょうか。
参道も舗装までされて綺麗に整備されているので、お参りする人は結構多いみたいですね。


◆歴史◆

築城年は不明です。

城主は新田美作入道と伝わります。
すぐ西の堀川城で農民を指揮していたのは、新田友作だったそうです。
南北朝時代に南朝方だったこの地域には、新田姓の武士が多かったのでしょうか。
古くからあった感じではないので、徳川家康の東進を防ぐため築かれたと思われます。

1568年、徳川家康に攻められ落城しました。

三河を平定した徳川家康が、いよいよ遠江にも攻め込んで来ました。
地図を見て普通なら東海道沿いに順次攻め落とすかな?と思いましたが・・・
初めに攻略したのは、井伊谷城に依る井伊氏でした。

当時の井伊氏は今川氏真に従っていましたが、家中は分裂していました。
徳川家康はここで反今川派を味方につけ、井伊谷城を攻略。
井伊家重臣の井伊谷三人衆を道案内として、遠江に軍を進めました。
刑部城には今川方の兵が籠っていましたが、徳川軍に圧倒され落城しました。
城には菅沼又左衛門(菅沼定盈の叔父?)が入りました。

徳川軍はその後、一隊が大沢基胤の堀江城を包囲したまま曳馬城へ進みました。
曳馬城を手中に収めると更に進み、今川氏真が籠る掛川城を攻めました。
刑部城の廃城がいつなのかは?です。

城があったかどうかは?ですが・・・
1572年、武田信玄は三方が原で徳川家康に大勝した後、ここら辺にしばらく滞在していました。
徳川家康が半数以上の住民を斬殺した直後なので、反徳川の地として安心出来たのかも。
病が重くなったためと思われますが、しばらく後に三河へ進んで野田城を攻め落としました。
この城攻めにもたっぷり時間を使った後、甲斐へ退却しています。


所在地:静岡県浜松市北区細江町中川

なぽのホームページ/静岡県を表示
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

なぽさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。