なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
大久保陣屋は大窪神社になっています。
訪問日は2014年8月7日です。

【写】大久保陣屋①

県道沿いにある大窪神社が、大久保陣屋の跡地です。
「おおくぼじんや」が「おおくぼじんじゃ」に・・・
別にいいですw
すでに見えている石垣は、陣屋時代の遺構なのだそうです。

【写】大久保陣屋②

神社に来たということで、一応鳥居と社殿を撮ります。
神社好きの人が撮るお決まりのアングルって、どうなんでしょうね?
今までそんな事考えたことも無かったです。
一応「城キチ」の端くれなので。

【写】大久保陣屋③

その「遺構」という石垣です。
見れば見るほど「そう?」って言いたくなりますが。
幕末に築かれたお城の石垣はこんな感じですが、どうなんでしょうか?


◆歴史◆

今切関所奉行・服部氏の陣屋でした。

服部氏は伊賀の出とされます。

服部政光は高力清長の娘婿だそうで、1560年頃から徳川家康に仕えたそうです。
「服部氏=伊賀」なんてイメージありますが、尾張国海西郡の方かもしれませんね。
そこの服部氏は、桶狭間の戦で今川義元に味方していました。
地理的にも、松平元康時代に関与した大高城からすぐ近くに居ました。

もっとも伊勢長島一向一揆では、この服部党の他に伊賀服部氏も加担していました。
ということで、結局の所は海西郡でも伊賀でもおかしくない、という事ですねw

服部政光は、1591年に武蔵国太田に3000石を与えられました。
その後、1615年に服部政光は没し、子の服部政信が跡を継ぎました。
1619年に高力忠房が浜松藩に移り、同年、服部政信も今切関所の奉行として来ました。
今切関所は荒井(新居)関のことで、東海道を見張る重要な関所でした。
以後、明治まで続いたとされます。

サイト様によっては2、3代で跡継ぎが絶えた、という所もありますが・・・
1702年に今切関所が吉田藩の管轄となり、奉行に名を連ねなかったから?と思われます。
尚、今切関所の建物は、重要な街道にあったものとしては唯一建物が現存しています。
と、2年近く経ってから衝撃の事実を知りましたあせる
いいんです。
城キチですから、関所には興味ありません叫び


所在地:静岡県浜松市西区大久保町(大窪神社)

なぽのホームページ/静岡県を表示
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

なぽさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。