なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
志津城は、ちょっと前まで城址碑がとても見つけにくい所でした
訪問日は2014年8月7日です。

【写】志津城①

北側から見たところです。
バイクを停めてある脇のジャングルの中に城址碑があります。
バイクがこっちを向いているのは、一度通り過ぎてUターンしたからですwww

【写】志津城②

見つけづらいということで、反対側からも撮りました。
こうしておけば、後日このブログをヒントに見つけてくれる人が出ると思ったからです。

この時はまだ知らなかったというか、知りようも無いのですが・・・
来年の大河ドラマの主人公ゆかりの地ということで、現在は見つけやすくなっています。
拝見したサイト様の写真では、真っ赤な幟がはためき、木も切られていました。
ということで、今となっては昔懐かしい写真となってしまいましたあせる

【写】志津城③

いよいよ、真横からの写真です。
このアングルで見れば「あ、何かある?」と気づくと思います。
我ながらよく見つけたと感心します。
やっぱり、城キチの嗅覚って侮れませんよね?

【写】志津城④

藪の中にある城址碑です。
なぜこんなことになったのか?ですが・・・
今では日の当たる場所になっています。

とまぁこんな感じで、遺構は全くありません。
それというのも、1905年にお城のあった山を切り崩し、ここいら一帯を開拓したためです。
標高は100m程あったそうで・・・
お城があった頃は、湖に突き出した半島だったのかもしれませんね。


◆歴史◆

993年、藤原共資により築かれました。

藤原共資は名前が示す通り、バリバリの貴族です。
遠江の国司に任命され、天皇の命令によりこの地に赴いたのだそうです。
天皇の命令ということは、荘園の保護が目的でしょうか。
遠江の国司をググってみると、藤原共資の名が見つからず・・・
荘官として派遣され、そのまま土着して武士化したのでしょうか。

藤原共資は1010年、養子を迎えました。
経緯が「ホントかよ?」って感じですが。
井伊谷の神社で育てられていた捨て子が、神童として有名になったそうです。
跡継ぎの男児に恵まれなかった藤原共資は、この子を自分の養子に迎えました。
後に自分の娘と娶せ、この子が藤原共保となりました。

1032年、共保が家督を継ぎ、井伊氏を名乗るようになりました。

井伊氏のはじまりには諸説ありますが・・・
藤原共保は家督を継ぐと、ゆかりの地である井伊谷に城を構え、井伊姓を名乗ったそうです。
そのため、志津城は廃城になったと考えられます。

その後の井伊氏は・・・

井伊共保は、またたく間に勢力を拡大し、有力者となりました。
室町時代初期の井伊氏は、南朝方として行動します。
遠江に来る前から天皇家と密接な関係がありましたからね。
南北朝時代には、後醍醐天皇の皇子・宗良親王を井伊谷城に迎えています。

時代は下り、戦国時代には井伊直政が徳川家康に仕えました。
江戸時代には代々彦根藩主を務めています。
安政の大獄をやった井伊直弼なんて、歴史の教科書に載っていますもんね!

そして!
来年の大河ドラマの主役は井伊直虎です。
今は知らなくても、来年は超有名人になる予定ですw


所在地:静岡県浜松市西区村櫛町

なぽのホームページ/静岡県を表示
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

なぽさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。