なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
野地城は亥鼻湖東岸の畑の中にありました。
訪問日は2014年8月7日です。

【写】野地城①

Google Mapに道は載っています。
しかし、畑の合間にある細いなので、本当にこっちで合っているのか?と不安になります。

【写】野地城②

こうやって見ると、道が堀跡のようにも見えて来ます。
どうなんでしょうか?
改めて地図を見てみると、道=堀跡っぽいですよね?

【写】野地城③

セメントで舗装されていた農道も、やがてオンロードバイクが苦手な砂利道になります。
もう引き返した方がいいかな?なんて思った矢先に、道の先に石碑が見えてきました!

【写】野地城④

この石碑は当たりで、ちゃんと野地城趾と彫られています。
すぐ脇のビミョーな地面の窪みが気になります。
やっぱり堀跡でしょうか。

主郭はグラウンド、二郭が野地神社になっているそうですが・・・
もうちょっとだけ進んだ所にあるようですあせる


◆歴史◆

1583年、徳川家康により築かれました。

徳川家康は1582年にあった天正壬午の乱を制し、甲斐・信濃・駿河を手に入れました。
その徳川家康が東海道を行き来する際、立ち寄りやすいよう築いたとされます。
当時の徳川家康は浜松城を居城としていました。
浜松城そんなに遠くないじゃないか、って思いますが・・・
城を築いたのは本多忠勝ラブラブだそうです。

1585年、徳川家康は居城を駿府城へ移しています。
駿河を手に入れた時から、駿府へ移ろうという意向があったのかもしれませんね。
近くの佐久城主・本多信勝が城主となり、佐久城は廃されました。
本多信勝のその後が???です。
1590年に徳川家康に従って関東に移ったと思われますが・・・
知ってる方ヘルプですあせる

1609年、三浦為春が城主となりました。

三浦為春は勝浦正木氏の出で、1590年に仕えていた北条氏が滅びたため領地を失いました。
その後、妹の於万が徳川家康に嫁ぐと、3000石で召し出され家臣となりました。
この時に先祖の三浦姓を名乗るようになりました。
野地城に入ったのは、於万の子・徳川頼宣が駿府50万石の藩主となったからです。
三浦為春は、主・徳川頼宣が紀伊に移る1619年まで城主を務めました。
徳川頼宣は紀伊徳川家の祖となり、三浦家が代々家老となります。

1680年、廃城となりました。

三浦為春以後は代官が置かれ、将軍が上洛する際の宿泊所として使われました。
いわゆる「御殿」というヤツです。
この年代になると、各地にあった御殿が廃止されています。
理由は色々あるそうですが・・・
・江戸幕府の体制が固まり、将軍があまり上洛しなった。
・1657年の江戸大火からの復旧に莫大な費用がかった。
などなど。
野地城の建物などは、荒井関所(のち新居関所)へ移されました。


所在地:静岡県浜松市北区三ヶ日町野地

なぽのホームページ/静岡県を表示
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

なぽさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。