なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
亀山城は奥平氏の本拠地でした。
訪問日は2014年8月6日です。

亀山城①

本丸の説明板に載っている図です。
こうして図を見ただけでワクワクしてきますラブラブ
土塁がそれぞれの郭にちゃんと残っており、ほぼ原形を留めていると思われます。
郭の配置などを見ると、右側の二の丸方面が大手口に見えますが・・・
実際の大手は左上です。
お城の左側が「シロヤシキ」という小字になっており、城主様の館があったと思われます。

亀山城②

・・・などとは考えず、なんとなく現地に向かって「どこから入るんだろう?」とウロウロ。
事前に準備した地図では、ただお城の位置にマークしただけで、登城路は?状態でした。
今は事前にちゃんと調べてから訪ねるんですけどねあせる
ということで、辿りついたのは北側(図では右側)の二の丸の下です。
雰囲気で察しろw的な駐車場があり、そこから城内に入りました。

亀山城③

城内への入口には、ちゃんと案内がありました。
しかし・・・すぐ脇には別のお城の名前が恋の矢
もう、惑わせないでよw

亀山城④

城内に入ると、すぐに立派な城塁が現れました。
これは二の丸のものです。

亀山城⑤

一応道に従って進むと、やがて虎口が見えました。
高い土塁に囲まれているようです。

亀山城⑦

ということで、虎口の内側から撮りました。
やっぱり土塁ですラブラブ

亀山城⑧

そして二の丸の内側の様子です。
草ボーボーですが、背が低い草ばかりなので、放置されている訳ではなさそうです。

亀山城⑨

回れ右をすると、今度は本丸の虎口です。
なんだかあっさり辿り着いた感じがしました。
山城のように手の込んだお城ではないんですね。

亀山城⑩

本丸内部の様子です。
右端には亀山城の看板が立っています。
・・・鈍感なので気づきませんでしたがあせる
さらにどうしちゃったんだろう?というのが、城址碑を見落としていますw
夕暮れ時で余程焦っていたのでしょうか・・・?
本人がこんな調子なので、真相は闇の中ですハートブレイク

亀山城⑪

それでも、周りを囲んでいる土塁はちゃんと見えていたようです。
何も見えてないんじゃ、危なっかしくて外出歩けませんけどねあせる

亀山城⑫

本丸西側の虎口から外を見た所です。
急な坂に腰郭があり、守りが厳重な感じがします。
やはり、大手口はこちらですね。

亀山城⑬

虎口から外へ出る途中にあった堀と土塁です。
やっぱりこういうの大好きですラブラブ
一日走り回って見応えのあるお城に出会うと、いい日だったと思えて来ます^^

亀山城⑭

・・・ということで、そのまま下ってココに出ました。
またしても裏登城をやってしまいましたあせる


◆歴史◆

1424年、奥平貞俊により築かれました。

奥平貞俊は上野国甘楽郡奥平から三河へ移って来ました。
はじめは川尻城を居城としていましたが、手狭になったため、亀山城を築きました。
この時期に、関東から移って来た人がかなり居たんですね!
一色城の一色時家は永享の乱で敗れたのが原因でしたが、奥平貞俊はどうだったんでしょうか?

群馬の奥平城
▲群馬県高崎市吉井町の奥平城跡(地図)

この頃の関東は、鎌倉公方と関東管領の対立は無く、将軍と鎌倉公方でやり合っていました。
関東には将軍直属の京都扶持衆と呼ばれる武士が居り、反鎌倉公方的な活動をしていました。
近い所では、1422年に京都扶持衆・小栗満重が鎌倉公方・足利持氏に討伐されています。

奥平氏の居た甘楽郡一帯は、白旗一揆と呼ばれる武士団がありました。
白旗一揆は将軍・鎌倉公方の両者とは距離を置き、状況に応じて立場を変えていました。
将軍直轄地の多い三河へ移ったということは・・・
将軍に味方するか、鎌倉公方に味方するかで意見が割れ、居場所が無くなったのでしょうか?

1573年、奥平貞昌が長篠城へ移りました。

奥平氏は境目の国衆として、周囲の大勢力に翻弄され続けていました。
今川氏親→松平清康→今川義元→徳川家康→武田信玄→徳川家康といった感じです。

1571年に武田信玄に寝返った際には、人質を出しています。
その後、1573年に武田軍が三河へ侵攻し、菅沼氏の野田城を攻めました。
上洛を目指していた筈の武田軍が、2ヶ月も野田城に留まった後、甲斐へ退却。
その直後、奥平貞能は武田信玄の死が確実だとして、徳川家康のもとに帰参しました。
徳川家康から相談を受けた織田信長は、婚姻と所領倍増で奥平氏を懐柔することをアドバイス。
これを受け、徳川家康は長女・亀姫を、奥平貞能の嫡男・貞昌に嫁がせました。
この時期に奥平氏が長篠城へ移っており、長篠菅沼氏の領地が奥平氏に与えられたようです。
長篠菅沼氏も徳川→武田に鞍替えしていましたが、うまく時流に乗れなかったんですね。

奥平氏の寝返りに激怒した武田勝頼は、奥平氏の人質3名を処刑。
さらには、2年後の1575年に長篠城へ1万5千の大軍で攻めて来ました。
これが長篠の戦となり、武田軍は壊滅。
奥平氏はこの戦を機に出世街道に乗り、最終的には10万石の大名となりました。
ということで、奥平氏の本拠地は長篠城に移ったようです。
戦後、奥平貞昌は織田信長から「信」の字を与えられて奥平信昌と改名し、家督を継ぎました。

1590年、奥平信昌が関東へ移りました。

徳川家康の関東移封に従い、上野国甘楽郡宮崎3万石へ移りました。
奥平氏発祥の地へ里帰りしたんですね!
三河には池田照政(=輝政)が入りましたが、奥平氏の城は使わなかったそうです。

1602年、松平忠明が亀山城に入りました。

奥平信昌の4男・松平忠明が亀山城に入り、作手藩1万7千石を立藩しました。
松平忠明は徳川家康の長女・亀姫の子で、徳川家康の養子となり松平姓を名乗りました。
1610年には伊勢国亀山5万石へ移り、大阪の陣後の大阪復興で大活躍した人物です。
道頓堀の名付け親だそうで、その後も活躍して播磨姫路藩18万石まで出世しました。


所在地:愛知県新城市作手清岳

なぽのホームページ/愛知県を表示
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

なぽさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。