なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
城の腰城は、県道脇から登れます。
訪問日は2014年8月5日です。

城の腰城①

登城口はこんな感じです。
道端に木々の切れ目があり、そこに白い標柱がポツリ。

城の腰城②

その標柱がコレです。

城の腰城③

登った所はこんな感じ。
キチンと草が刈られていて、とても綺麗です。
でも、城跡に興味が無い人の目には、きっとこれだけで終わり。
石垣も天守も何も無いじゃん?と映るのかもしれません。

城の腰城④

しかし!
あちこち這い回って来た城キチには見えてしまうのです。
右側の竹林にこそ、見るべき物がありました。
北側の縁に低い土塁が巡っています。

城の腰城⑤

その土塁を辿ってみると、東寄りの所に低い段が。
ただ、この石垣?はお城のものではないと思われます。
…でも、保険で撮っちゃうんですよねw

城の腰城⑥

東の端には高い土の壁。
これも土塁です。
城の腰城は、県道を造る際に一部が削られたそうです。
本当はこんな感じの土塁がもっとあったのかもしれません。

城の腰城⑦

登城口に戻って高土塁の向こう側に回ると、切り通しの道が通されています。
削り口を見る限りは重機でガッツリ削った感じ。
しかし、この左脇に土塁があるので、元々ここに空堀があったのは間違いありませんね。


◆歴史◆

萩奥平氏の城でした。

永禄年間(1558~70年)に萩奥平氏3代目・奥平周防守が城主だったと伝わります。
萩には萩城という山城があり、奥平氏以前からあったようです。
ただ、城主としてはここと同じく、奥平周防守の名だけが記されています。
萩奥平氏は初代が主馬允、2代目は伝五郎、3代目が周防守です。
萩を本拠としたはずなのに、城主は3代目からです。
萩に住まず「萩を領有した」という事だったのかもしれません。

奥平氏は「七族五老」という家臣団を形成していました。
萩奥平氏はこの「七族」に含まれ、奥平宗家の軍事を担う重臣でした。
彼らは意見が対立しても、最終的には一体となって行動しています。

奥平氏は三河・遠江の境目の国衆であり、たびたび主家を替えました。
武田勝頼から徳川家康に鞍替えした際、各奥平家から出されていた人質が処刑されています。
武田勝頼はその後、さらに奥平氏討伐の兵を挙げて攻め込んで来ました。
これが長篠の戦につながり、歴史が大きく動きました。
奥平氏はこの時の奮戦により、陪臣に至るまで徳川家康から直接言葉を掛けられたそうです。
さらには徳川家康の長女・亀姫が奥平信昌に輿入れし、亀姫の子は松平姓を許されました。

1590年、奥平氏が関東へ移りました。

徳川家康の関東移封に従い、奥平氏も上野国宮崎3万石へ移りました。
その後、奥平氏は10万石の大名となり、豊前国中津で明治を迎えました。


所在地:愛知県豊川市萩町

なぽのホームページ/愛知県を表示
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

なぽさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。