なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
西川城(にしがわじょう)は、大福寺の裏山にありました。
訪問日は2014年8月7日です。

西川城①

ここも城跡がお寺かぁ・・・と、そのお寺を目印に訪ねました。
しかし、お寺もお城も案内は無く・・・
地図と睨めっこしてて、目印になりそうなのはココです。
大福寺の南西の角で、Google Mapのストリートビューでは看板の文字が潰されています。

西川城②

その角にある小屋のすぐ左脇に、山中へ入っていく怪しげな道があります。
私はここから入ってみました。

西川城③

斜面を斜めに上がっていく道を登ると、上はこんな感じでした。
どうやら山上は郭の跡のようで、縁が土塁っぽくなっていました。

西川城④

その郭は現在は栗畑になっています。
栗の実がなってると泥棒と間違えられそうで、ちょっと気が引けます。
こんな場所なので、秋には入らない方がいいですね。

西川城⑤

そんな感じでちょっと居心地が悪かったので、まっすぐ突っ切って南側に出ました。
すると、斜面にこんな感じで道が付けられています。
地図でココは「カタクリ山」と表示されているので、人が入る前提なのかもしれません。
それならそうと・・・と、結果的にいつも通り裏から入ったヤツがぼやきますあせる

西川城⑥

南側の斜面を下ると、お墓の脇がこんな感じになっています。
だいぶ埋まってしまっていますが、横堀のようです。

西川城⑦

北側からまっすぐ南に抜けて、ちょっと下った後にこの写真。
時系列ではそんな順番でこの写真が出てきました。
ここは皆様のサイトでよく載っている虎口と思われます。
両脇の土塁がかなり低くなってしまっており、痕跡のような感じになっています。



私はお城の説明板を見つけられなかったのですが・・・
よそ様のサイトでは「北側の斜面にある」と書かれており、写真では道端にあるようでした。
せっかく行ったのに見つけられず悔しいので、せめてもとストビューで探してみました。
結局、説明板は見つけられませんでしたが、気になる風景がありました。
城の北東にあるT字交差点脇に、見るからに堀跡っぽい所が。
どのサイト様にも載っていませんが、もしかしたらもしかするのでしょうか?
詳しい方ヘルプですあせる


◆歴史◆

西郷清員により築かれました。

築城時期は天文年間(1532~55年の間)とされます。
西郷清員が1533年生まれなので、天文の末頃でしょうか。
三河の西郷氏にはいくつかの家系があり、本家は守護代も務めた家柄です。
岡崎周辺を本拠としており、松平信光の勢力拡大に抵抗していました。
最終的には松平信光の軍門に降り、その五男・光重を養嗣子に迎えました。
西郷清員の家系は、三河国最東部の八名郡を本拠とする西郷氏の庶流です。

1562年、今川軍に攻められ落城しました。

今川義元が1560年に討死した後、西郷清員は早い段階から松平元康に従いました。
西郷清員は血縁のあった野田城の菅沼定盈、川路城の設楽貞通らも松平方に誘いました。
東三河で多くの土豪達が今川家を見限ったのは、西郷清員による所が大きかったのです。
怒り狂った今川氏真は、吉田城に居た彼等の人質を串刺しにして処刑。
さらには大軍を率いて攻めて来ました。

西郷氏は、本拠の月ヶ谷城や五本松城などを攻め落とされてしまいました。
西川城は・・・どうなんでしょう?
西郷清員は松平家への人質として岡崎城に居たため、難を逃れています。
父・兄ともに討死したため、松平家康から家督を継ぐよう命じられました。
しかし、西郷清員は頑として聞かず、兄の遺児・義勝に家督を継がせました。

1571年、西郷義勝が討死しました。

年明け早々に、武田軍の秋山信友が菅沼定盈の大野田城を攻めました。
この時、城主・菅沼定盈は西郷清員、設楽貞通らと力を合わせて撃退しています。
しかし、西郷氏の当主・西郷義勝がこの戦で討死。
徳川家康は、今度こそ西郷清員に家督を継がせようとしました。
西郷清員はそれでも固辞し、子の家員が宗家の家督を継ぎました。

秋山信友はその後、各地の菅沼一族を個別に寝返らせて5月に再び攻めて来ました。
この時は武田軍を防ぎ切れず、大野田城は落城しました。
武田軍撤退後、菅沼定盈は守りの固い野田城を再び本拠にしました。

1573年、武田信玄が三河に攻め込みました。

武田信玄が三河に攻め込み、野田城を攻め落としました。
城主・菅沼定盈は捕虜となりましたが、戦後の人質交換で戻されました。
武田信玄は野田城で足踏みしたまま上洛せず、甲斐へ戻る途中で世を去りました。
武田軍が撤退してから徳川軍が野田城を奪還するまで、菅沼定盈は西郷清員の元に居ました。

1578年、西郷義勝の未亡人が徳川家康の側室となりました。

1571年に討死した西郷義勝の未亡人・お愛が、徳川家康の側室となりました。
後に徳川秀忠や松平忠吉を生む西郷局となります。

1590年、廃城となりました。

徳川家康が関東移封に従い、西郷家員も下総国生実(おゆみ)へ移りました。
小弓公方ゆかりの地なんて、渋過ぎます(>∀<)

1661~97年の間、城跡に陣屋が置かれました。

吉田藩主・小笠原長矩が、弟・小笠原長秋に2000石を分知し、陣屋が置かれました。


その他

どうやら城跡のあるカタクリ山は、地主様が好意で開放して下さっているようです。
ただし、駐車できる場所がわかりづらく、よく苦情があるそうです。
地主様のサイトを見つけましたので、駐車場情報など参照して下さい。


所在地:愛知県豊橋市石巻西川町

なぽのホームページ/愛知県を表示
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

なぽさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。