なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
高力城(こうりきじょう)は、橋の近くに城址碑があるだけです。
訪問日は2014年8月5日です。

高力城①

などと書きながら、その肝心な城址碑を撮らず・・・
バイク停める場所を探してお寺に辿り着き、そのままお寺だけ見たっぽいです。
訪問時に見ていた地図は、ちゃんと橋の脇にマーク付けていましたけどあせる
嗚呼やっちまったシリーズなんて出来そうですw

ということで、負け惜しみです。
勘違いして散策したのが、すぐ北にある山泉寺です。
うぅ~ん、普通のお寺と思っていましたが、そりゃそうですよね・・・

高力城②

バイク降りてから地図見てなかったんでしょうね。
勝手にココだ!と勘違いしてしまっています。
でも、そう思わせた地形がありました。
お寺は河岸段丘の上にあったのです。

高力城③

下から見上げるとこんな感じ。
お城を攻める兵の気持ちになって、お寺を見上げていたんですね。。。


◆歴史◆

高力氏のお城でした。

高力氏は源平合戦時代に武名を馳せた、熊谷直実の子孫とされます。
熊谷直実は一の谷の合戦で平敦盛を討った後に出家し、蓮生と名乗りました。
この世の無常を感じ、法然上人を訪ねて刺し違えるつもりだったそうです。
しかし、法然上人に諭されてからは熱心な弟子になりました。
京から武蔵へ帰る際は、西に背を向けないよう後ろ向きに馬に乗っていたそうです。

・・・脇道脇道あせる

その子孫が三河に来たのは、室町時代の始め頃でした。
当初は遠江との境にある八名郡に移り、宇利熊谷氏と呼ばれました。
その後、松平清康の時代に熊谷正直が功を上げ、高力に移ったとされます。
熊谷正直は梁田姓を名乗りましたが、その子・重長からは高力姓を名乗りました。
時期や場所から、松平清康が西郷氏を降した頃と思われます。
その後、織田信秀と戦った守山崩れの際に、高力重長とその子・安長は討死しています。

高力清長は「仏の高力」と呼ばれていました。

高力重長の孫・清長は、1530年に高力城で生まれたそうです。
父・高力安長が討たれた際はまだ幼く、叔父の高力重正が後見していました。
若い頃は人質生活を送っていた竹千代に随い、駿府に居たそうです。
桶狭間の戦の際も松平元康に従い、大高城の攻防戦で功を立てています。
三河一向一揆では、戦乱の最中に拾い集めた仏像や経典などを持ち主に返しています。
このため、ひとびとは「仏の高力」と呼ぶようになりました。
武田勝頼を滅ぼした後は、駿河の田中城の城主となりました。
さらに、1590年に徳川家康が関東へ移った際、武蔵国岩槻2万石を与えられています。
この頃までには高力城は廃城になっていたと思われます。


所在地:愛知県額田郡幸田町高力

なぽのホームページ/愛知県を表示
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

なぽさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。