なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
形原城(かたはらじょう)は形原松平家の城でした。
訪問日は2014年8月5日です。

形原城①

城跡に近づくと、このように案内があります。
蒲郡市の城跡は親切な所が多いのでしょうか^^

形原城②

その矢印に従って進むと、神社の鳥居が現れます。
あぁ、神社かと思ったら、石碑にちゃんと「古城」と彫られています。
や・さ・し・ぃ(゚ー゚*)

形原城③

で、稲荷神社というとコレですね!
小さなところでもだいたいこんな感じで、鳥居がズラっと並んでいます。
このあいだテレビでなぜこんな事になってるのか見たのですが・・・
忘れちゃいましたあせる

形原城④

城跡は住宅化によりほぼ壊滅状態ということのようです。
ただ、主郭と二郭だけが辛うじて残っており、ココがその二郭です。

形原城⑤

そして、説明板脇の石段を登った所が主郭です。
神社の社殿と説明板、さらに愛知縣プロデュースの城址碑があります。
やったゼ!来たゼ!的な感じが、ちょっとだけ味わえるようになっていますグッド!


◆歴史◆

長享年間(1487~89年の間)に松平与副が築いたとされます。

松平与副は松平信光の四男です。
子沢山の松平信光は、勢力を拡大すると自分の子をその領主として配置しました。
そう思って地図を眺めると、近くに松平氏の城が沢山ありました。
すぐ北東には長兄の竹谷城、北にはちょっと前から支配している深溝城など。
さらにその北には大草城があり、松平与副の弟・光重が入りました。
この辺りは深溝城を拠点として、松平氏が次第にその周辺を切り従えたようです。

今川義元が討死すると、松平元康に従いました。

当時の城主・松平家広は、他の氏族と同じく松平元康に従いました。
激怒した今川氏真は、人質としていた松平家広の妻子を形原城から見える所で処刑しました。
周りは松平一族で固められているので、わざわざ船で行った感じですね。

1590年、松平家信が関東へ移りました。

徳川家康に従って関東へ移りました。
そのため、一時廃城になったものと思われます。

1601年、松平家信が戻って来ました。

関ヶ原の戦の後、松平家信が加増された上で形原に戻って来ました。
これにより形原藩5千石が成立しました。
1618年には1万石の加増を受け、1万5千石の大名となりました。

1619年、廃城となりました。

松平家信が摂津高槻城へ移り、廃城となりました。
形原松平家は下総佐倉、高槻、丹波篠山を経て、丹波亀山藩に移り、明治を迎えました。


所在地:愛知県蒲郡市形原町

なぽのホームページ/愛知県を表示
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

なぽさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。