なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
田代城跡へは立派な道が整備されています。
訪問日は2014年8月6日です。

田代城①
▲説明板

田代城跡へ近づくと、道端に立派な説明板と案内があります。
ここまで辿り着ければ迷う事はない、と思いますw

田代城②
▲案内図

その説明板に載っている城跡の図です。
図では台地先端部を堀切で切り取った感じに見えます。
ただ、実際はその背後の山頂までが城域だったそうです。
確かに図の所だけだとすぐに辿り着けてしまうので、防御力が心もとないです。

田代城③
▲入口

さて、そうとは知らなかった当時、案内に従って辿り着いたのがココです。
ただ矢印を立てるだけではなく、誰が見てもわかるよう白いセメントで舗装されています。
とってもわかりやすくていいですね合格

田代城④
▲本曲輪

その手作り感溢れる舗装道を辿ると、そこはもう主郭です。
・・・図では本曲輪ですね!
ついクセでw
本曲輪とか主郭と言いつつ、あっさり辿り着けた事に多少疑問は感じましたけど。

田代城⑤
▲土塁・堀切方向

で、図に派手に描かれた土塁や堀切の方向を見ると、こんな感じです。
藪・・・の・・・中・・・で・・・す・・・ね・・・?
一番の見所が藪の中なんて!などと思いつつも、ここまで来てどうする?

田代城⑥
▲土塁

なんて愚問です。
真夏だろうが、草を掻き分けて進むのが城キチです。
悲しいサガです。
梅干を見てツバが出るあれと同じく、もはや条件反射ですw
まぁでも、大して草を掻き分けるでもなく、すぐに土塁に辿り着けます。
竹薮は下草が全く無いので、手入れされていればとても歩きやすいです。

田代城⑦
▲堀切

さらに、図に描かれている通り、土塁の向こう側には立派な堀切がヽ(´∀`)ノ
勇気を振り絞って藪に突っ込んだ甲斐がありました。
大した藪ではありませんでしたけどw
・・・ここでお腹いっぱいになってしまい、実はこの隣にもう1本ある堀切を見逃しましたあせる


◆歴史◆

築城年代、築城者ともに不明です

『三河国二葉松』『参河志』では森外記、松平主税、松平甚五左衛門が城主と書かれています。
どちらも全く同じ文面なので、出典は同じのようです。

『東照軍鑑』では松平道久が登場します。
この本は徳川家康の幼少からの側近が見聞きした事や、大樹寺の寺伝を記したものです。
徳川家康版の『信長公記』といった感じの書物です。
1巻の「織田信秀病死」の次に、竹千代が家臣に田代城を攻めさせたことが書かれています。

4月20日に尾張沓掛城を攻め、植村出羽守と家堀六郎次郎が討死
7月1日に2500騎で田代城を攻め、松平道久は戦わずに降伏して人質を出した

大雑把にはこんな事が書かれています。
この年がいつかと調べると、1552年の事でした。
登場人物でググッたら、植村出羽守が討死したのが1552年だったというのでわかりました。

この「松平主税」と「松平道久」は同一人物でしょうか?
いくらググっても、どのような人物なのか釈然としませんでした。
松平氏は領地の地名をとって○○松平氏なんて呼ばれますが、それもわかりませんでした。

ただ、すぐ近くの大沼城を調べると、ちょっとヒントがあるような気がしました。
大沼城は木村氏の城でしたが、跡継ぎが絶えた時に大給松平乗元の次男が名跡を継ぎました。
この事から、田代城も大給松平氏の支配地域であったと推測されます。

1574年、武田勝頼に攻め落とされました。

『三河国ニ葉松』で「天正二年勝頼被攻落城」と記されています。

ちょっと北の足助城は、1571年に武田信玄に攻められ、1573年に徳川家康が奪還しています。
ちょっと東の大桑城は、1572年に武田信玄に攻められ、武田軍が改修を加えています。
すぐ近くの大沼城は、1574年に武田勝頼に攻められ、1575年に徳川家康が奪還しました。
ちょっと西の大給城は、武田軍に攻められたような事が書かれておらず・・・
足助辺りが武田軍と徳川軍の勢力境だったようですね。

1575年に近所の大沼城を徳川家康が奪還しているので、田代城辺りも同じだったと思われます。
ただ、それ以降の田代城については何もわからず。
武田軍に攻め落とされた時に廃城になったのかもしれません。


所在地:愛知県豊田市小原田代町

なぽのホームページ/愛知県を表示
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

なぽさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。