なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
成瀬城は足助七城の1つです。
訪問日は2014年8月6日です。

成瀬城①
▲郭跡

成瀬城跡にはかつて老人ホームがあり、その建設の際に大半が破壊されたそうです。
その老人ホームの跡地が写真で、現在は更地となっています。
主郭はかろうじて残っているそうですが・・・
それを知ったのはついさっきで、訪問当時は「完全に消滅した」と思い込んでいましたあせる
ということで、写真はこれだけです。

成瀬城②
▲黍生城跡への案内

更地の一角には、こんな立て札がありました。
黍生山への道案内です。
その中に「黍生城跡」という文字も見えます。
足助七城の1つである黍生城へは、ここから登れるんですね!
真夏晴れなので登りませんでしたけどハートブレイク


◆歴史◆

室町時代はじめ頃に築かれたと考えられます。

尾張藩家老で犬山城主となった成瀬氏発祥の地です。
その歴史は古く、鎌倉時代終わり頃から室町時代はじめ頃にまで遡ります。
1331年、後醍醐天皇の第3皇子・平勝親王が二条良基を伴って足助郷に下りました。
これは南朝方の足助重範の力を借りるための事とされます。
その足助重範は、同年9月に大和国であった笠置山の戦で宮方として大活躍しました。
しかし、衆寡敵せず敗れて捕まり、翌年京で処刑されました。

で、成瀬氏の祖とされるのは、二条良基と足助重範の娘・滝野の間に生まれた子です。
二条良基が足助に来たのは13歳の時だった筈ですが・・・w
この人物は8歳で元服し、10歳で従三位権中納言となった凄い人です。
Wikipediaでは足助に来た事には触れられておらず、その後も京で凄腕を振るったそうです。
成瀬氏側でも家系図を焼失しており、伝承として伝わるのみです。

滝野の子は足助荘成瀬郷に城を構え、成瀬基久と名乗るようになりました。
成瀬氏は早い時期から松平氏に仕えたそうで、松平氏初代・親氏にまで遡ります。
松平親氏は実在が疑われている人物なのですけど・・・
それ程早くから従っていた、というふうに捉えましょうw

松平親忠の代の時、成瀬氏は木戸村、六名郷に移ったとされます。
どこら辺かと思い調べると、岡崎城のすぐ南側でした。
足助氏が鈴木忠親に圧迫されて没落したのは、このすぐ後の時代と思われます。
鈴木氏は、以後5代にわたって足助の地を支配しました。

成瀬城単体の歴史がサッパリわからないので、足助鈴木氏の動きを書きますあせる

1525年、松平清康が足助を攻め、鈴木重政が降伏しました。
1535年、守山崩れで松平清康が没すると、鈴木氏は松平氏より独立。
1554年、松平広忠亡き後の三河統一を進める今川義元に攻められ降伏。
1560年、桶狭間の戦で今川義元が討死。
1564年、松平家康に足助城を攻められ、鈴木氏は再び降伏。
1571年、武田信玄に攻められ、武田家臣・下条信氏が城代となる。
1573年、徳川家康が足助一帯を奪還し、鈴木重直に旧領を与える。
1590年、鈴木康重が徳川家康の関東移封に従い、足助城が廃城となる。

成瀬城が使われていたかどうかは?ですが、遅くともこの頃までに廃城になったと思われます。


所在地:愛知県豊田市足助町成瀬

なぽのホームページ/愛知県を表示
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

なぽさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。